東京五輪での実用を目指し、空飛ぶ”ドローン傘”絶賛開発中!(週プレNEWS)

7/5(木) 6:24配信

市販モデル(DJI MAVIC)に傘を搭載した、記念すべき初号機。プロペラ音はかなりうるさいが、清涼感は扇風機の“強”レベルだ!

いつ雨が降ってくるかわからないイヤ~なこの時期。傘を差そうにも、手がふさがってウンザリした経験は誰にでもあるだろう。そんな悩みを解決する未来のスーパーアイテムが、この"ドローン傘"だ! 

【写真】開発中の3号機

発明したのは、自動車部品の設計やメール連絡網の開発を手がけるアサヒパワーサービス(栃木)。ここに「パラソル事業部」が発足したのは約3年前のこと。しかし鈴木健治社長、ナゼ急にドローン傘を?

「幼い頃からちょっとくらいの雨で傘を差すのがイヤだったんです(笑)。そこで、はやりのドローンを使えば手放しでいけるんじゃないかと」

最初は市販のドローンに傘をつけただけだったが、追尾機能をテストしたり、自社製を開発するなど着実に進化中。

「でも、実はまだ防水機能がないんです......。プロペラからの風はとても涼しいので、まずはイベント会場やゴルフ場などで日傘としての需要を考えて進めています」

目標は東京五輪の会場での実用。東京の空がドローン傘だらけになる日も近い?

【関連記事】

  • 梅雨どきに急増する傘ドロボーには"攻める防犯"が効果的!
  • AIが万引きを激減させる? 噂の「AIガードマン」を体験してみた!
  • においを消せ! 暑さを吹き飛ばせ! 男心をくすぐる春のユニーク家電カタログ
  • 二度寝、うたた寝…春の眠気に負けない! グッズ&アプリ5選
  • 話題の“スーツ型作業着” を1週間着て仕事してみたら…想像以上の楽さに驚嘆!?
NEWS