素朴な本音? ポーランド戦批判の明石家さんまに、サッカーにわか説浮上

明石家さんま

 2018ワールドカップロシア大会で、日本代表はグループリーグを突破し、決勝トーナメントでベルギーに敗れた。試合ごとに代表選手の個性が光ったものの、グループリーグの第3試合となるポーランド戦は物議をかもした。

 得失点差がセネガルと完全に並んだため、日本はイエローカードの数などで換算されるフェアプレーポイントをキープしようとした。試合の終盤、味方同士でボールを回し、時間稼ぎをする戦術を取ったのだ。合理的な方法とはいえ、勝つために手段を選ばず、真っ向勝負を避ける姿勢には批判も集まった。その声は芸能界からも出ている。

 「明石家さんまは、6月30日放送のラジオ番組『ヤングダウン土曜日』(MBSラジオ)で『俺が監督なら、もう1点取られてもいいからサッカーを楽しめと指示した』と述べました。さらに得失点差で並んだ場合は『PK戦で決めればいい』と提言しています。ある意味で、視聴者の素朴な本音を代弁した形と言えるでしょう」(芸能ライター)

 だが、こうした感情に任せたさんまの発言を「にわか」だと批判する声も集まっている。今大会では渋谷などに集まり騒ぐ「にわか」サポーター批判が相次いだが、批判の矛先はさんまにも向けられているようだ。

 「さんまは高校時代にサッカー部に所属し、奈良県大会のベスト4に進出したのが鉄板の自慢話です。しかし当時サッカーはマイナー競技であり、競技人口も今ほど多くありませんでした。さらに『Jリーグは観ない』と発言しています。その理由は『満足の行く試合をしていないから』だそうで、かなり辛口です。しかし海外サッカーに対する知識は乏しく、戦術批判もトンチンカンだと言われていますね」(前出・同)

 明石家さんまは80年代に芸能人のサッカーチームを作るなど、サッカーの知名度向上に貢献した人物であるのは確か。だが個人的な好き嫌いが激しく、よく言えばミーハー、悪く言えば知識不足の「にわか」となるのだろう。

【関連記事】

  • W杯ベルギー戦終わり、丸山桂里奈は『あの約束』を果たすのか? 的確な実況ツイートも話題に
  • W杯ベルギー戦を前に、平祐奈のインスタに批判殺到! あのアイドルとの“匂わせ”が原因?
  • 的確なボケと解説で出演依頼が殺到! 今回のW杯で一番活躍したのは、前園真聖?
  • 張本コメントに称賛の声殺到! W杯ポーランド戦の時間稼ぎについて「どっちも正しい」
  • NEWS小山、暴力父に立ち向かった壮絶な過去 知られざる勇敢な少年時代とは
リアルライフ