46歳男、キレてコンビニレジのパネルを破壊 その呆れた動機に怒りと、同時に同情の声も

画像はイメージです

 1日、兵庫県内のコンビニエンスストアでレジの液晶パネルを壊したとして、46歳の男が逮捕されたことが判明。その呆れた動機に怒りの声が広がっている。

 男は7月1日午後7時45分頃、宝塚市のコンビニエンスストアを訪れ、缶チューハイを購入しようとレジに持ち込む。店員がバーコードを通したのち、20歳以上であることを確認するパネルをタッチするよう求めると、男が突然立腹。ディスプレイを殴ったうえ叩き壊し、間もなく器物損壊罪で現行犯逮捕された。

 警察によると、男は「俺は何回もここで酒を買っているのに、なんで毎回せなあかんねん」と供述している模様。パネルは50万円相当で、ヒビが入った状態だという。今後男がこれを弁償するものと思われる。

 子供じみた動機に、ネットユーザーからは「酷すぎる」「46歳にもなって怒ることか」「馬鹿みたい」と怒りの声が殺到。その一方で、「気持ちはわかる」「明らかに成人なのに、毎回確認するのはおかしい」という同情の声も出た。

 「成人確認」については、俳優の梅沢富美男が以前、テレビ番組内で「俺が19に見えるか!60過ぎているジジイに押せとはなんだ」と発言し、「あきらかに20歳以上のときは店員が押すべきだ」と持論を展開したことがある。

 この発言はネット上で議論となり、梅沢が「マニュアル通りの対応をする店員」について再度苦言を呈したが、批判の声も多く、炎上。現在梅沢がどう思っているかは不明だが、今回の事件を見る限り、共感する人もいた様子。

 46歳の男も「なぜ年齢確認せねばならないのか」という憤りを持ったようだが、それを爆発させ器物を損壊する行為は、紛れもない犯罪。許されるものではないだろう。

 その一方で、「誰でも年齢確認ボタンを押させる」という取り決めに顧客・店員とも困惑していることも事実。店員のなかにも疑問を感じている人もいるだろうが、作業が前に進まない以上、お願いして押してもらうしかない。器物損壊とまではいかないまでも、不要な説教などを受けた経験を持つコンビニ店員は、意外と多いと聞く。

 男の行動は論外だが、年齢確認ボタンが賛否両論あるのは事実。今回の事件をきっかけに、「誰でも年齢確認ボタンを押させる」というシステムについて再考する必要があるのではないだろうか。

【関連記事】

  • “岡崎観光伝道師”に任命の6人組ユーチューバー、市長への失礼すぎる態度で大炎上
  • 『残業のせいで結婚できない』? 働く女性の結婚と労働時間の意外な関連性とは
  • 慶大教授、子どもに対し「ゲームはクソ! ミュージカルが最高」発言…ネットで物議
  • 人気ユーチューバーに逮捕求む声が殺到? “動物虐待”署名活動が活発化も賛否
  • 衝撃のブロガー殺害事件にネット騒然 8年前にも類似したライター刺殺事件があった
コンビニレジ