ホラー映画界の新ミューズ・藤田恵名、主演2作品の企画が始動 MV映画化と公募小説の映画化で俊英監督二人とタッグ

今、いちばん“脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名

 今、いちばん“脱げる”シンガーソングライターとして注目を浴びる藤田恵名。彼女が主演する映画2作品の企画が進行中だ。ホラー映画の原作『小説』を公募し、藤田の主演で、映画『血を吸う粘土』の監督・梅沢壮一が映画化する企画が8月から募集スタート。藤田の新曲「言えない事は歌の中」のミュージックビデオが、西村喜廣(『蠱毒ミートボールマシン』)の手によって、『WELCOME TO JAPAN』として映画化されることが先日発表されたばかりで、今後、藤田の女優としての注目度が高まることは確実だ。

【写真】女優としても注目を浴びる藤田恵名

 藤田が出演し、主題歌を手掛けた映画『血を吸う粘土』は、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門正式招待、さらに“ホラー総選挙”でグランプリを受賞。藤田と梅沢監督のコンビによる新しいホラー映画の制作が決定。映像製作・販売会社のエイベックス・ピクチャーズ、映画会社の松竹、投稿コミュニティサイトのエブリスタの3社による、新たな作品の創出を目的とする原作開発プロジェクト「エブリスタジオ」にて、ホラー映画の小説を8月1日から公募する(締切9月30日)。優秀作品に輝いた小説は、藤田恵名主演、梅沢壮一監督のタッグで劇場用映画化が約束される。

 主演を務める藤田は「今回のお話しをいただき、再び梅沢さんに監督をしていただけるんだー! とワクワクしております! さらにエブリスタさんとコラボという事でどんな作品が届くのか楽しみです! おこがましいですが、私の活動とか人となりは抜きにしてあなたが私という物質を通して世に届けたい物を書いて欲しいです! 世界を狙いましょう!!!たくさんの応募お待ちしています!」とコメント。梅沢は「ノリに乗っている藤田恵名さんを主演に迎え、世界に挑戦出来るようなホラー映画を産み出したいと思います! オリジナリティ溢れた小説、お待ちしております!」と期待を込めて語っている。

 一方、藤田の新曲「言えない事は歌の中」のミュージックビデオの監督を手掛けたのは、世界的なクリエイティブの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で2017年に日本映画で唯一上映された『蠱毒ミートボールマシン』の西村喜廣。ミュージックビデオは「検閲済ver.」と「未検閲ver.」の2バージョンが公開されるや、トロント映画祭、シッチェス・ファンタスティック映画祭、サウス・バイ・サウスウエストなどの海外映画祭から問い合わせが殺到したという。

 そしてこの勢いのまま、ミュージックビデオの世界観をふくらませて映画化することが決定。タイトルは『WELCOME TO JAPAN』。藤田演じる女殺し屋が、弁当箱で不良外国人たちを殺しまくる、“殺し”と“日本の食文化”をテーマに描くクレイジーな作品になりそうだ。ミュージックビデオでも、その激しいアクションシーンの一部が垣間見えるが、多くの痣を作りながら、体当たりで挑んだ藤田の凄みを感じる映像に期待せざるを得ない。

 国内外で評価を受ける監督たちのミューズとして主演を張る藤田。アーティストとしてだけではなく、女優としても飛躍を遂げる彼女に、今から注目しておいたほうがよさそうだ。

【関連記事】

  • ロック歌手・藤田恵名、新曲MVテレビ放送禁止で検閲済ver.急遽作成 映画『蠱毒ミートボールマシン』の異才・西村喜廣とタッグ
  • シンガーソングラドル・藤田恵名、7月6日に新宿BLAZEでバースデーワンマン
  • 注目のロック歌手・藤田恵名、期待以上のアーティスト&ジャケット写真を公開
  • シンガーソングラドル・藤田恵名、マツコの助言に涙「強くなります」
  • 藤田恵名所属【夏の特別オーディション2018】プラチナムプロダクション
新ミューズ