家入レオ 上京して8年、ワンマンライブ88公演目 縁起のいい『TIME』ツアー千秋楽

撮影/田中聖太郎

今年2月21日に発売した5thアルバム『TIME』を引っさげての全国ツアー『家入レオ 6th Live Tour 2018~TIME~ 』を5月からスタートさせた家入レオが、本日7月1日(日)、東京国際フォーラム ホールAにてファイナル公演を開催、アンコールで8月1日発売のニューシングル「もし君を許せたら」(フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』主題歌)をサプライズで初披露した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ずっと、ふたりで」を冒頭アカペラで披露する演出で、会場の隅々にその声を響かせるとライブはスタート。「ツアーファイナル楽しんで行きましょー!」と話すと、「Shine」「君がくれた夏」「太陽の女神」などドラマ主題歌となっていたシングル曲を次々と歌い上げ会場を一気に盛り上げた。

その後、「今日は1年に数回しかない天赦日という日で、日本の暦の中で最上の吉日とされている、一つ良いことをすると何万倍となって自分に返ってくるというめでたい日なんです。そして、私が福岡から上京してきて8年目! そして、ツアーやその他ワンマンライブが本日で累計88本目! さらに、リリースしてきたスタジオ音源の合計が88曲という、末広がりの“8”尽くし! 縁起のいいことが集まってるんですよ! ファイナルをこんな素敵な日に迎えられて本当に嬉しいです!」と話した。

その後も『TIME』収録曲を中心に計17曲を披露、ライブならではの演出やMCで集まった観客を大いに魅了しライブ本編は終了した。

アンコールを受け登場した家入は、「皆さんが悲しい時や切ないときにパッと振り返ったらいるよ! どんな時でも私ここで歌ってるからねっていう思いをギュッと閉じ込めてこの曲を作りました」と話し、フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソングとなっている「あおぞら」を優しく温かく歌い上げた。

その後、「今日はツアーファイナルですね。ということで、8月1日リリースの新曲『もし君を許せたら』を初披露しまーす!」と話すと会場からは大歓声が。「人って正しさや理想を常に持っているんだけど、やっぱり弱いところもあって。その正しさや理想と戦っていかなきゃいけない、でもそんな葛藤している姿こそ美しい、そして生きていることなんじゃないかと思って。そういう気持ちを作詞家さん、作曲家さんにお伝えして一緒に作り上げた曲です」と話し、新曲「もし君を許せたら」をサプライズで初披露した。リリースの発表から約1か月、待ちに待った新曲のお披露目に会場はこの日一番の大きな拍手と歓声に包まれた。

その後も「パパの時計」「大事なものすべて」の2曲を披露し、ツアーファイナル公演を大盛況にて締めくくった。

【関連記事】

  • 家入レオ 5周年記念Zeppツアーで邦楽カバーをライブ初披露 「これからもまっすぐ音楽を届けていく」
  • 家入レオ 初の日本武道館公演開催 「叶えさせてくれて本当にありがとう」
  • 家入レオ 2016年初ライブで秋の全国ツアー開催をサプライズ発表
  • 家入レオ、月9主題歌のニューシングル『もし君を許せたら』ジャケットビジュアル&収録内容解禁
  • 家入レオ 来年2月21日にニューアルバム『TIME』発売決定
8年