SKE48古畑奈和「やり切った」 チームKII公演でギリギリセーフの“艶技”披露

SKE48チームKII (C)AKS

 SKE48チームKIIの新公演「最終ベルが鳴る」が30日、名古屋市のSKE48劇場でスタートした。

 チームKIIにとっては7つ目の演目で、リーダーの大場美奈(26)は「楽曲がダンサブルで力強い。カッコいい、もう一段階上のKIIを見せられたら」。その言葉通り、小畑優奈(16)がセンターを務めた冒頭の「マンモス」から、ダイナミックなダンスで観客を一気に引き込んだ。

 注目はユニットの2曲。江籠裕奈(18)&古畑奈和(21)の「おしべとめしべと夜の蝶々」、大場&松村香織(28)&青木詩織(22)の「20人姉妹の歌」だ。

「おしべと――」は女子の恋愛を描いたいわゆる百合曲で、2人の絡みは濃厚かつ妖艶。特に古畑はセクシーを突き抜けエロスの域に達している。

「アウト! いやらしすぎる(笑い)。でもそれが最高」(惣田紗莉渚)とメンバーも“ギリギリ”と認める内容で、大場は「アウトのものがうちはセーフなんです。奈和ちゃん大丈夫!?というヒヤヒヤ感がいいんです」。古畑も「やり切った」と満足げだった。

「20人姉妹――」はメンバーを姉妹に見立てた曲で大場、松村、青木の3人がヒアリングをしながら考案した歌詞は、コアネタや仲の良さから出た毒舌が満載。“長女”松村の「無料でハゲを治した」から始まり、小畑の「かわいい以外に取りえがない」など、笑いを交えて全員のポイントを紹介していく。

「第10回AKB48世界選抜総選挙」では松井珠理奈(21)が1位、須田亜香里(26)が2位とSKEがワンツーフィニッシュを飾り、100位までのランクインも24人を数えた。そのうちチームKIIメンバーは13人を占める。

 チームだけでなくSKE全体のエースとして期待される小畑は今回、締めのMC役を初めて任された。「向かないと思っていた私に任されたのには、大きな意味があると思っている。まとめ役ができる人になりたい」と改めて成長を誓った。

【関連記事】

  • 元野球部のSKE48高柳明音 ワンバウンド投球に「あら、残念!」
  • SKEがJ1名古屋の公式応援マネジャーに就任!須田亜香里の推しメンは佐藤寿人
  • SKE須田亜香里が“パンストかぶり”で登場! マネジャー止めるどころか「おいしいやん」
  • SKE小畑優奈 まさかのヒルナンデス街頭インタビューに登場「すっぴんで歩いていたら…」
  • SKE48 、 AKB48 、 松井珠理奈 を調べる
披露