DISH//、4人新体制でのライブツアーを無事完走

DISH//、4人新体制でのライブツアーを無事完走

4月1日、東京・Zepp DiverCityを皮切りに全国8カ所9公演に及ぶライブイベントツアー2018「劇春!!ロックンロール ダンスダンス革命(レボリューション)」を行なってきたDISH//が、6月23日(土)、仙台Rensa公演にてツアーファイナルを迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本公演は4人新体制での初のツアーにも関わらず、全会場チケットSOLD OUTを記録したツアーのファイナル公演。

SEとともに満員の会場は、いきなりMAXの熱量で登場するメンバーを迎えた。1曲目「Newフェイス」から「I’m FISH//」「FLAME」と、すでにライブでは定番となっている疾走感あるロックナンバーを3曲立て続けに披露。ライブ冒頭から会場をひとつにする。

その後、「Shall We Dance ????」「どういうことなんだい?」「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~」と、
ダンス&POPチューンで会場を更に揺らす。

そして一転、ファンの間で“神曲”とも称されるバラードナンバー「猫」で観客の涙を誘い、ボーカルの匠海が、「次の曲は歌だけで届けたい」と呼びかけた。メンバー4人が楽器を置きステージ前に並ぶと、DISH//にとって大きな夢をかなえるという想いをこめた1曲「サクラボシ」を4人で披露し、ファンとともに4人新体制でのツアーファイナルで、改めて想いを一つにした。

一旦ステージを下りたメンバーが再度登場。
「No One Else」「THE PHANTOM」「Get Ur BODY」「BEAT MONSTER」「HIGH-VOLTAGE DANCER」5曲のダンスロックナンバーを披露。今ツアーで初めて本格的にダンスに取り組んで臨んだドラム大智をメンバーもファンも称えた。

ライブは終盤戦を迎え、デビュー曲「It's alright」で更に会場のボルテージは上がる。
そして、「僕たちがやりました」「JUMPer」「愛の導火線」と、ラストの「勝手にMY SOUL」まで、DISH//のライブ最強ナンバーをたたみ込み、本編を終えた。

アンコールでは恒例となったコント入りの楽曲「Sa-Ra-Band~俺たち皿バンド~」を披露し、このTOURを締めくくった。終演後メンバーから、47都道府県を巡る旅のファイナルシリーズが年内に行われる予定であることも発表された。

なお、7月11日(水)発売のニューシングルテレビアニメ『ゾイドワイルド』のオープニング曲となっている「Starting Over」の先行配信もスタートしている。

■セットリスト
M1. New フェイス
M2. I'm FISH//
M3. FLAME
M4. Shall We Dance ????
M5. どういうことなんだい?
M6. WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~
M7. 猫
M8. サクラボシ
M9. No One Else
M10. THE PHANTOM
M11. GET Ur BODY
M12. BEAT MONSTER
M13. HIGH-VOLTAGE DANCER
M14. It's alright
M15. こくっちゃえっつーの!
M16. TENKOUSEI
M17. 僕たちがやりました
M18. JUMPer
M19. 愛の導火線
M20. 勝手にMY SOUL
RC. Sa-Ra-Band~俺たち皿バンド~

【関連記事】

  • 新体制のDISH//は「勝手にMY SOUL」と共に覚醒する!/レポート
  • DISH// シングル発売日に500名限定ライブ「会いたかったし、新曲を生で聴いてもらいたかった」
  • DISH// 『銀魂』の世界観を彩る踊れるロックチューン「勝手にMY SOUL」発売/インタビュー1
  • DISH//男性限定ライブで男だらけの大合唱 「来年はさらに会場を大きく!」
  • DISH//矢部昌暉が20歳の生誕祭を開催 「大人っぽさと色気を出していきたい!!」
DISH