【インタビュー】元レンタル彼女、“パパ活との違い“を語る「一緒にされると悲しい」

■レンタル彼女とは? パパ活との違いを語る

――レンタル彼女って金銭面では、どんなお仕事なんでしょうか?

よもぎ:「もう3~4年くらい前ですけど、当時の私の値段は、1時間6000円、出張料3000円で、最短2時間からなので、私をレンタルするだけで最低1万5000円でした(※デート中にかかる別途費用は全て利用者負担)。そのうち私の取り分は半分くらいで、もう半分は所属している事務所にいきます。よく聞かれるんですが、仕事以外で彼氏さんに会うことは絶対にありません。

1回のデート時間は、4~6時間くらいが多かったですね。食事して散歩したり、カフェでただ喋(しゃべ)ってるだけだったり。私は本当の恋人っぽくベッタリする感じのキャラではなかったので、友達の延長みたいな感覚でレンタルしてくれる彼氏さんが多かったです。他のレンタル彼女の方は、皆さんの想像するようなもっとかわいらしい彼女だったと思います(笑)。

私の場合、最長で14時間レンタルしていただいた事があります。朝イチに新幹線で東京から大阪のUSJに行って、夜中に帰ってきました。基本のレンタル代に加えて、旅費も全部が彼氏様持ちなので、それはもう何十万という金額を使っていただき驚きました。

彼女といっても、OKなのは手繋(つな)ぎと腕を組むまでです。キスはもちろんハグもダメ。タクシーとカラオケ以外の個室も全てNGです。なので、女の子をどうこうしようって人はほとんどいませんでした。むしろ、腕を組んでいるときに偶然胸が当たったりすると、『む、胸当たってるんだけど......』とか教えてくれる人ばかり(笑)。全体的にシャイな方が多かったですね。女の子に慣れるために利用する方とか、デートの下見に利用されていた方も多かったです」

――“パパ活“というものがはやっていますが、レンタル彼女との違いはなんですか?

よもぎ:「よくSNSで一緒にされがちなのですが良い気はしないです。パパ活している方を見ると、顔は隠して禁止事項だけ細かく書いて『2時間食事のみで2万円』とか平気で言うじゃないですか! 本来パパ活とは“夢を追う女性を大人の男性が支援する“というものだったと思うのですが、夢を語っている方なんてほとんどお見受けしないですし。一緒にしないで! と思います。それに結局いかがわしい感じになったり、危険な目にあったり。言い方は悪いですがズルい男性の格好の餌食な感じが否めません。レンタル彼女たちは、本気で彼氏さんにデートを楽しんでもらおうと考えているので、根本の意識が違います。事務所に所属するのも、『そういうのとは違うんだぞ』っていう一種の意思表示でもあるんですよ」

次ページは:■彼氏様は、口説くぐらいならプロポーズをしてくる

1/3ページ

【関連記事】

  • 売れっ子レンタル彼女の月収を告白...最高月収は>>
  • 思わず暴走!? レンタル彼女があまりに困った彼氏の行動>>
  • レンタル彼女が絶対に“彼氏“に言わない言葉>>
  • レンタル彼女としてのプロ意識......試験内容とは?>>
  • ・売れっ子レンタル彼女の金銭事情は? “元彼女“が最高売り上げ明かすも「私より上は全然いる」>>
レンタル彼女