『ワンダーウーマン』ガル・ガドット、D・ジョンソンと新作で再共演

ドウェイン・ジョンソンと『ワイルド・スピード EURO MISSION』以来の再共演を果たすガル・ガドット

 映画『ワンダーウーマン』でハマリ役を得た女優のガル・ガドットが、注目を集めるきっかけとなった人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズで共演した俳優ドウェイン・ジョンソンと、新作アクションスリラー『Red Notice(原題)』で再共演を果たすという。

【写真】笑顔がソーキュート!「ガル・ガドット」フォトギャラリー

 The Hollywood Reporterによると、『Red Notice(原題)』は9月日本公開予定のドウェインの新作『スカイスクレイパー』の監督ローソン・マーシャル・サーバーがメガホンを取るとのこと。ドウェインとサーバー監督は、2017年のドウェインのアクションコメディ『セントラル・インテリジェンス』で初タッグを組んで以来の関係。

 本作の詳しいあらすじは不明だが、国際指名手配を受けているアート泥棒を追うインターポールの捜査官(ドウェイン)を描くとのこと。ガルの役柄は不明。ドウェインは日本で上映中の主演映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』のボー・フリンやダニー・ガルシアらと共に、プロデューサーとしても名を連ねる。

 先日来、レジェンダリー・ピクチャーズやパラマウント・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズやユニバーサル・ピクチャーズなどが配給権の争奪戦を繰り広げられていると伝えられていた本作。現時点では2020年6月12日より全米公開予定となっている。

【関連記事】

  • もちろんガルもランクイン! 2017年「世界で最も美しい顔100人」TOP50<フォト集>
  • ドウェイン、ガルら『ワイスピ』出演者ランクイン!「最も興行収入を稼いだ俳優2017」
  • 【写真】「2017年のスター・トップ10」1位は『ワンダーウーマン』ガル・ガドット
  • 『ワンダーウーマン』ガル・ガドット、転機は“ボンドガール”落選? 意外な経歴も
  • 『ワンダーウーマン2』スティーブ役クリス・パインの続投が確定
D・ジョンソン