映画『万引き家族』で大注目の子役・城桧吏、父親役のリリー・フランキーに感謝の手紙をプレゼント

映画『万引き家族』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した(左から)是枝裕和監督、山田裕貴、城桧吏、リリー・フランキー、佐々木ゆみ、高良健吾(C)Deview

 第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】にて最高賞・パルムドールを受賞した、映画『万引き家族』の大ヒット御礼舞台挨拶が、14日都内で行われ、リリー・フランキー、高良健吾、山田裕貴、城桧吏(子役)、佐々木みゆ(子役)、是枝裕和監督が登壇。もうすぐ父の日ということで、父親役を演じたリリーに対して子役二人からサプライズプレゼントが贈られた。

【写真】手紙を読み上げる城桧吏

 329館334スクリーンにて全国公開された本作は、12日(火)に早くも10億円を突破し、14日(木)には来場者数が100万人を記録。公開後7日間での10億円突破は、2018年公開の実写邦画の中で最速の記録となる本作について、リリーは「本当に大ヒットしている大ヒットイベントに参加したことがなかったので今日は嬉しいです。この作品がパルムドールを獲ったことはあまり意外じゃないですが、大ヒットは意外でした。想像できなかったことが起きて、嬉しい限りです」と打ち明けると、是枝監督も「作っているときは、リリーさんと『小さく生んで、長く細く観てもらえるものになると良いですね』という話をしていたんですが、こんなに大きく成長するとは思ってなかったので、嬉しいやら戸惑っているやら、不思議な気持ちです。でも、このメンバーでできたことを本当に嬉しく思っています」と正直な思いを明かす。

 リリーが演じた父・治を取り調べる刑事を演じた高良は「自分が映画に興味を持ってから、ずっと憧れていた是枝監督の現場に参加させて頂けたことが本当に嬉しかった」と明かすと、同じく是枝組初参加の山田も「少ない撮影期間ではありましたが、パルムドールを獲ったと聞いてすごく嬉しかったですし、何よりも是枝監督作品に少しでも携われたことがすごく幸せです。今回の経験を宝物のように思っていますし、この作品がもっとたくさんの方々の心に響けばいいなと思っています」とコメント。

 城は父親役のリリーとの撮影を振り返り、「カメラを回っているときダメダメなお父さんだけど、カメラが回っていないときは優しくて面白かったです。あと、紙コップの中に雪玉を入れて、それを重ねてタワーにしたり、ちょっとした遊びが楽しかった」と話し、佐々木は「家の中でリリーさんがマジックをしてくれて面白かったです!」と告白。それに対してリリーは「この子たちが現場では本当に瑞々しくて、子供がいることの喜びや煩わしさとかをストレートにぶつけてきてくれるので、一緒にいるときは、お芝居をやらせてもらっている感じでした。この子たちに助けてもらった感じです」と子役二人の芝居を称賛。

 また、もうすぐ父の日ということで、子役二人が父親を演じたリリーにサプライズでプレゼントを用意。手紙を書いてきたという城は緊張した面持ちながら、「リリーお父さん、撮影でもカンヌでも、会う度にいつも優しくしてくれてありがとうございます。撮影中、寒い時にカイロで温めてくれたり、僕のことを笑わせてくれたり、いつも気にかけてくれたり、とても嬉しかったです」と語り、「もう1人のお父さんができたみたいで、いつも現場に行くのが楽しみでした。大好きな家族がいたあの家に戻りたいといつも思っています。リリーさんのような、オシャレで優しくて、面白くて、演技の上手な俳優さんになることが僕の夢です。これからもよろしくお願いします。リリーお父さん大好きです」と自信の言葉で感謝の気持ちを伝えた。

 手紙を受け取ったリリーは「ジーンときましたね……」としみじみ語りつつ、「お年玉で50万円もらったこと書いてないじゃん」と不満を漏らしていたが、城は「それの件は、貰ってません!」とキッパリ否定し、笑いを誘う。

 そして、佐々木からは“家族”の似顔絵をプレゼントされたリリー。先日リリーからプレゼントされたペンで描いたという佐々木は1つ1つ書いた絵の説明をしつつ、『万引き家族』と書いたタイトルを指差し「この漢字はみゆが書きました!まだ漢字習ってません!!」と明かすと、監督・キャスト揃って顔をほころばせ、会場からも拍手が巻き起こった。心がこもった絵を受け取ったリリーは「ほんと上手に描いてくれていますね。空き時間にもよく絵描いてたもんな」と目頭を熱くさせていた。

 最後に、リリーは「こうやってたくさんの方に足を運んでいただき、観ていただけることが何よりのご褒美ですし、こんなに嬉しいことはない。今日はありがとうございました」と語ると、「最後の締めの挨拶は祥太(城の役名)がやりたいって言っていたから」と、城にまさかのムチャぶり。佐々木にも「言ってたじゃん。どうぞ!!」と言われた城は、突然のムチャぶりに困惑した表情を見せながらも、リリーから耳打ちをされながら「宴もたけなわプリンスホテルではございますが(笑)」とジョークを飛ばしつつ、「人生には大切な袋が三つあります。一つ目が池袋です。二つ目は沼袋です。三つ目は東池袋です。映画を楽しんでください(笑)」と挨拶し、会場は爆笑の渦に包まれた。

 映画『万引き家族』は現在大ヒット公開中。なお、オーディションサイト『Deview/デビュー』では、祥太を演じた城桧吏のインタビューを掲載中(下記リンク参照)。

【城桧吏インタビュー】
https://deview.co.jp/News?am_article_id=2113118

【関連記事】

  • 映画『万引き家族』で世界が注目、オーディションで見出された期待の新人”11歳の城桧吏の素顔に迫る
  • 山田裕貴「死ぬ気で挑んだ」、オーディションで勝ち取った菅田将暉のライバル役への想いを吐露
  • スターダストプロモーション【TEENS☆STAR特別オーディション】
  • キッズ・ティーンの総合エンタメコンテスト『キラチャレ2018』エントリースタート 2017年のBOYSデビュー賞・山田凛郁くんにインタビュー
  • キラチャレ2018
子役