新幹線殺人犯の実父語る〈150分〉「息子を棄てた理由」【全文公開】

前へ1/4次へ

事件直後、小田原駅に急停車した新幹線

この写真をご覧いただくには、
記事の購入が必要です。

この写真をご覧いただくには、
記事の購入が必要です。

この写真をご覧いただくには、
記事の購入が必要です。

 凶行は、最高時速280キロを超える車内で起きた。逮捕された小島一朗容疑者の外見と惨劇とのギャップをどう理解すればいいのか。取材で浮かび上がったのは、容疑者とその実父との希薄すぎる父子関係だった。実の息子を「一朗君」と呼ぶ奇妙な父を直撃した。

◆ ◆ ◆

「本人が死にたいと言っていたと聞いたので、自殺をするとか(息子が)死ぬかもしれないとは考えていた。何か事件かトラブルを起こすかもしれないという考えもゼロじゃなかった」

 本誌記者にこう語るのは東海道新幹線無差別殺傷事件の犯人・小島一朗容疑者(22)の実父・S氏(52)だ。 本文:6,742文字 写真:6枚 新幹線殺人犯の実父語る〈150分〉「息子を棄てた理由」【全文公開】(文春オンライン)新幹線殺人犯の実父語る〈150分〉「息子を棄てた理由」【全文公開】(文春オンライン)新幹線殺人犯の実父語る〈150分〉「息子を棄てた理由」【全文公開】(文春オンライン)新幹線殺人犯の実父語る〈150分〉「息子を棄てた理由」【全文公開】(文春オンライン) ...

150分