小栗旬が演じる坂本龍馬 鈴木亮平が「海上がりのサーファー」といじる

大河ドラマ『西郷どん』新たな出演者発表&スタジオ取材会に登場した小栗旬

 俳優の小栗旬が13日、都内で開催されたNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時、BSプレミム/毎週日曜18時)新キャスト発表会に、主演の鈴木亮平、黒木華、水川あさみらと共に出席した。坂本龍馬を演じる小栗は、鈴木に「海上がりのサーファーみたい」といじられたほか、「西郷さんにとって、何か考え方が変わったり、背負わなければいけないものになったり、そういうような形で、自分の坂本龍馬が残っていけば」と思いを語った。

【写真】NHK『西郷どん』新キャスト発表会フォトギャラリー

 薩摩藩の武士として知られる西郷隆盛の生涯を描く本作。小栗は幕末の風雲児・坂本龍馬に扮し、黒木は西郷の幼なじみである岩山糸を演じる。同日は水川が龍馬の妻・お龍を、田上晃吉が中原尚雄を、迫田孝也が江藤新平を、柏木由紀が西郷園を演じることも明らかになった。

  小栗は龍馬をどんな思いで演じているか聞かれると「商売がしたいという気持ちが、色濃く描かれていると思うので、冒険家みたいな人になればいいなと思ってやっています」とコメント。「10年以上ぶり」という鈴木との共演については「約1年近くも西郷吉之助という役に向き合ってきているので、非常に大きな存在感を感じながら撮影させていただいています」と言い、「亮平君が演じる西郷さんにとって、何か考え方が変わったり、背負わなければいけないものになったり、そういうような形で、自分の坂本龍馬が残っていけば」と胸中を明かした。

 一方の鈴木は、小栗の風体を見て「ちょっと海上がりのサーファーみたい」といじりつつ、今後登場するキャストの色気に言及。「とにかくみんな色っぽいんです。桂さん(桂小五郎)を演じる玉山鉄二さんもそうですし、遠藤憲一さん演じる勝海舟も、すごく色気がむんむんしていてですね。“革命編”に入ってからまた、これ別のドラマになったんじゃないか? と思うくらい、色気が充満しているスタジオになっています」と現場の様子を語った。

 同日は、ほかに山口翔悟が中岡慎太郎を、浜野謙太が伊藤俊輔(博文)を、林家正蔵が大村益次郎を、藤本隆宏が山岡鉄舟を、柏原収史が松平容保を、上川周作が西郷小兵衛を、泉澤祐希が川路利良を演じることも発表された。

【関連記事】

  • 「小栗旬」フォトギャラリー
  • 「柏木由紀」フォトギャラリー
  • 「水川あさみ」フォトギャラリー
  • 錦戸亮が『西郷どん』に5ヵ月ぶりの登場に大反響 内田有紀も出演
  • 『西郷どん』22話、吉之助はまた歴史の表舞台に 弟・信吾も登場
クランクイン