天才子役・新津ちせ「駅までの道をおしえて」で映画初主演

映画に初主演する新津ちとせ(C)2018映画「駅までの道をおしえて」製作委員会

 天才子役の新津ちせ(8)が、来秋公開予定の「駅までの道をおしえて」(伊集院静原作)で、映画初主演を飾ることがわかった。

 新津といえば、大ヒット映画「君の名は。」の新海誠監督(45)の一人娘で、昨年公開された映画「3月のライオン」や、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」での演技が高く評価され“ポスト芦田愛菜”の最右翼と期待されている。

 昨春に行われた3か月に及ぶオーディションを勝ち抜き、主役の座を射止めた。作品は丸1年をかけて時系列で撮影され、新津の成長を織り込みながら、原作の世界観に迫る。

 新津は愛犬ルーを亡くしたことを受け入れられず、いつまでも帰りを待ち続ける少女サヤカを演じる。そこに幼い息子を亡くした経験を持つ老人が現れ、ともに喪失感を抱えた2人が心の絆を深めていくという物語。

 新津は「私も犬が大好きなので、サヤカ役に決まった時は本当にうれしかったです。撮影中、ルーと一緒に過ごせることがとっても幸せで、毎日いろんな発見があります。ルーと一緒にいっぱい走り回っているので、ちょっと足が速くなったような気がして楽しいです。元気に一生懸命頑張ります」とコメントしている。

 原作には赤い京急電車が象徴的に登場し、物語に重要な役割を与えている。そんなことから、創立120周年を記念して、京急電鉄が製作に全面協力しているという。

【関連記事】

  • 芦田愛菜 舞台初挑戦・初主役で恐竜と共演「できるかな、大丈夫かな」
  • 乃木坂46最大のコンサート7月6~8日で白石麻衣の卒業発表ある?
  • 乃木坂・高山一実 セーラームーングッズ買いまくり「破産するかと…」
  • さくらまや 20歳になったら「お酒をいっぱい飲んで楽しみたい」
  • 伊集院静 、 新海誠 、 芦田愛菜 を調べる
東スポWeb