Plastic Tree 白の世界で新たなモードを打ち出した最新ヴィジュアルを公開

Plastic Tree 白の世界で新たなモードを打ち出した最新ヴィジュアルを公開

通算41枚目となるシングル『インサイドアウト』を7月25日に発売するPlastic Treeが、そのジャケット写真と新しいアーティスト写真を公開した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アーティスト写真はカメラマン中野敬久氏による撮影で、前作からは大きく印象の変わった白の世界でバンドの新たなモードが打ち出されている。そしてジャケット写真は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤それぞれメンバー4人の写真を使ったモンタージュとなっている。併せて、ゲームイラスト仕様の[Collar×Malice盤]のジャケットも公開された。

今作は「インサイドアウト」「灯火」の2曲の新曲が収録されるが、どちらの楽曲もPlayStation(R)Vitaゲーム『Collar×Malice -Unlimited-』とのタイアップ楽曲となっている。主題歌として「インサイドアウト」、エンディングテーマとして「灯火」という2曲を書き下ろし。Plastic Treeは2016年に発売された『Collar×Malice』でも主題歌を担当しており、前作に続いての主題歌担当となった。

そして9月から『Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」』と題した全国ツアーを行うことも決定。9月16日の仙台から10月6日の神奈川県民ホールまでの全国6公演開催する。

【関連記事】

  • 有村竜太朗(Plastic Tree) 進化した実験的ソロツアーが終幕、生形真一もゲスト出演
  • 有村竜太朗 初のソロツアーが閉幕 “実験成功”
  • ノクブラ、SuG、有村竜太朗(Plastic Tree)出演『GENESIS』のステージに清春が登場
  • Plastic Tree 全国ツアーのファイナル公演で3年ぶり13枚目となるアルバムのリリースを発表
  • 雨に濡れる有村竜太朗が幻想的世界を醸し出す、Plastic Tree新曲「雨中遊泳」MV解禁
モード