井ノ原快彦、『特捜9』涙のクランクアップ「寺尾さんの言葉が宝物に」

(左から)寺尾聰、井ノ原快彦、ドラマ『特捜9』クランクアップの様子

 井ノ原快彦が主演を務めるドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)がクランクアップ。本作で3ヵ月に渡って特捜班をリードしてきた井ノ原は「『お前が主役だからオレは出るんだ』と寺尾さんに言っていただけたことが何よりも僕の宝物、そして力になりました」と共演者への感謝を語った。

【写真】ドラマ『特捜9』キャストクランクアップの様子

 本作は、主任・浅輪直樹(井ノ原)の声がけにより、個性派刑事たちが、謎多き新班長・宗方朔太郎(寺尾聰)のもと“特別捜査班”として結集し、難事件に挑んでいくミステリー。

 新人刑事を演じた山田裕貴はクランクアップに際して「このドラマに参加させていただいたことは自分にとって、ものすごいご褒美だなと思いながら日々、演じさせていただきました」と話すと続けて「もし続きがありましたら、どうか新藤をクビにしないでください!」と涙ながらにコメント。

 本作の前身となるドラマ『警視庁捜査一課9係』から12年に渡って井ノ原と共演してきた羽田美智子は「ここまで成長を遂げたイノッチの姿はまぶしくて美しくて、頼もしくて…。本当に愛おしいチームだなと実感しています」と賛辞を贈った。

 主任として、そして本作の座長としてドラマを引っ張ってきた井ノ原は「もし寺尾さんに出会っていなかったらと考えると、本当にゾッとします」と先輩俳優であり共演者の寺尾について言及。続けて「これから先、自分の50代を考えたとき、寺尾さんと出会えたことが僕の財産になりました」と語り、共演者やスタッフへの感謝の言葉も口にした。

 寺尾はそんな井ノ原を頼もしそうに見やり、「今、ハッキリわかるのは井ノ原快彦が主役として、“太さ”を見せてくれるようになったこと。これからの井ノ原快彦がとても楽しみです!」と答え、主演俳優の健闘を讃えた。

 ドラマ『特捜9』最終回拡大スペシャルは、テレビ朝日系にて6月13日21時放送。

【関連記事】

  • 『特捜9』記者会見フォトギャラリー
  • 『特捜9』に出演中の「山田裕貴」フォトギャラリー
  • 山田裕貴、プレッシャーあふれる現場も乗り越え「自分の集大成に」
  • 井ノ原快彦&寺尾聰の誕生日セレモニーのはずが…山田裕貴、感極まり涙
  • 井ノ原快彦、新人・山田裕貴への“辛口セリフ”に反響 『特捜9』第3回