バットマン×戦国時代は「まさにナイスアイデア」 映画「ニンジャバットマン」山寺宏一×高木渉インタビュー

映画「ニンジャバットマン」を語る山寺宏一×高木渉

 神風動画の初の長編劇場アニメーションとして6月15日公開の映画「ニンジャバットマン」。アメリカを代表するヒーロー・バットマンが戦国時代の日本にタイムスリップし、宿敵ジョーカーをはじめ戦国大名となったヴィランらと時空を越えた壮大な戦いを繰り広げます。

【画像:山寺の放言に笑う高木。ナイスコンビ!】

 ただならぬ予感がプンプンと漂う同作。本稿では、バットマンの声を担当した山寺宏一さんとジョーカー役の高木渉さんという声優界を代表する名優二人を直撃して話を聞きました。

●「ポプテピピック」の神風動画初のオリジナル長編「振れ幅に驚いた」

―― お二人とも完成作をご覧になったばかりとのことで、まずは感想をお聞かせください。

山寺:収録したのはもうかなり前で、そのときから「これはすごい作品になるぞ」という予感はありましたが、完成作品は想像以上の出来でした。アメリカのヒーローをモチーフとしているのに舞台は戦国時代の日本。それがうまくミックスされて、今まで見たことのない面白い作品になったと思います。

高木:アフレコのときは絵も未完成で、どういう仕上がりになるのか分からず見るのを楽しみにしていたのですが、想像以上でした。プロフェッショナルな方たちが集結したガチのぶつかり合いに、僕たち声優も「絵にも負けたくない、音楽にも負けたくない」という思いがあり、とはいえ勝ち負けというよりは「いい融合をしていきたい」と挑んでいたのですが、その思いが形になっていたので大満足でした。

―― 今作は神風動画の初の長編オリジナルですよね。折しも神風動画によるアニメ「ポプテピピック」が盛り上がったばかりということもあり注目度が高いと思いますが、実際に出演されて神風動画の「すごい」「やばい」と思ったところは?

山寺:僕はこの作品の収録をしたとき「こんなすごいクオリティーのアニメなんだ」とびっくりして鳥肌がたち、そこで神風動画さんを認識したんですが、その後「ポプテピピック」が話題になって再び神風動画さんの名前を見て「うそだろ? あの『ニンジャバットマン』の会社がやっているんだ」と振れ幅に驚いたんです。あと、ニュース番組で「この会社は定時に来て定時に帰る」と神風動画さんを紹介していたのを見て「どんな会社だ?」と思って。

 「ポプテピピック」は社会現象というか、あそこまで話題になるものはなかなかないですよね。その目の付けどころがすごい。どちらも面白い・斬新という意味では共通しているけれど、作品性は全然違う。僕が見たのは主にこの2作品ですが、それでも今後、日本や世界のアニメ界で「神風動画、神がかっているな」と注目されていくのではと感じました。

高木:「ポプテピピック」もシュールで面白かったし、今回のニンジャバットマンもまさにエンターテインメント。他にも僕がお世話になった作品は幾つかあると思うのですが、神風動画の独特な世界観というか、作品ごとに変幻自在でいて映像に対しての細かいこだわりを感じるこの会社は、どんな革新的な会社なんだろうかってとても興味が湧きますね。

山寺:表現がとにかく素晴らしい。コミックは1ページ1ページにすごく時間を掛けて絵を描いているものが多いじゃないですか。それを描くアニメとして、1カット1カットが非常に美しく、絵になる絵に仕上がっている。日本でそれができるというのがすごいですよね。

●世界中に「ニンジャバットマン」コスプレが現れてほしい

―― 今作では脚本を中島かずきさんが担当していますが、演じてみていかがでしたか?

山寺:ストーリーやラストが予想できない展開も面白いですし、バットマンとジョーカーの温度差のある会話や、クスッと笑えるところがありながらも熱かったりと、いろいろな要素が含まれたエンターテインメントだと思いました。

 そもそもゴッサムシティのダークヒーローであるバットマンを戦国時代に持ってくるのが、もはやすごいし、それをまとめられるのはやはり中島さんしかしないんじゃないかと思わせてくれました。僕が以前やった中島さん原作のアニメ「大江戸ロケット」もむちゃくちゃな話ですが、とても楽しかった。いろいろなものを融合させる力がすごいんですよね。

高木:DCのバットマンの世界を全く新しいオリジナルな物語にしたとして、それに説得力がないとお客さんはついてこないわけですから、その辺りのドラマの作り方はさすが中島さんだと思いましたね。「ニンジャバットマン」のアフレコ中は音響監督の岩浪(美和)さんとのやりとりが主で中島さんと直接お話する機会はなかったのですが、打ち上げのときに中島さんの方からわざわざ近寄って来てくださって「すごくよかったよ。ジョーカー」といってくれたときは本当にうれしかったですね。

―― 実際、この作品はなかなか目を疑うストーリーになっていますよね。

高木:人にもよると思いますが、いわゆる「バットマン」シリーズの昔ながらのファンは多少違和感を覚える部分もあるかもしれません。僕も演じていて「あれ? こりゃ何でもありかな(笑)?」と思う瞬間もありましたが、それを真剣にやっているんです。クオリティーが高いからずっと見入ってしまう。中島さんの本と、神風動画さんのこだわりの絵、菅野さんの壮大な音楽が合わさってこそのエンターテインメントだと感じました。

山寺:最初は「よくDCが許したな」と思いました(笑)。DCヒーローの中でも代表的なバットマンの作品を日本のチームが作る、しかも戦国時代の日本に飛ばすという設定をよくOKしたなと。

 日本のクリエイターたちが描く戦国時代は素晴らしいだろうけれど、それでもそこにバットマンやジョーカーを持ってきたらごちゃごちゃになるんじゃないかと。でも結局なるべくしてなったようなビジュアルで、「まさにナイスアイデアだったんだな」と。

高木:衣装がまたいいですよね。実際にこういう甲冑はないですけど(笑)、日本発信だからこそデフォルメの仕方も日本の文化を勘違いしてしまったような作りではなく、より想像力をかき立てられる格好良さを感じます。

山寺:皆さんこのポスタービジュアルを見たら納得されると思います。バットマンなんて、最初からいつかこうなることを想定してデザインされたぐらいに僕は思いました。

 でも正直、最初にバットマンの新作で忍者だというお話を聞いたとき、「ああ、『レゴニンジャゴー』にバットマン出ちゃうんだ」って。レゴかと思ったんです(笑)。「レゴは何でもありなんだろうな」と思ってたら、日本で日本のスタッフが作るんだと聞いて「えー!」と。

 実際にやってみたら、内容も面白いし、ビジュアルも最高。完成した映像を目にして世界で話題になるんじゃないかという予感が確信に変わりました。アニメ好きな人、アメコミ好きな人、それから、時代物が好きな人や日本が好きな外国の方、コスプレ好きの人、いろいろな人に刺さる作品になっていると思います。

高木:確かにコスプレはしがいがありそうですね。

山寺:外国では、もうこの作品のコスプレをしている人が出現しているんですよ。少し前は「スーサイド・スクワッド」でマーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインのコスプレをしていた人がいっぱいいたけれど、この作品にもハーレイ・クインがいますから。今年はこの作品のコスプレイヤーが世界中のハロウィンを今年は闊歩(かっぽ)するんじゃないかと。できれば、一番多いのはバットマンでいてほしいんですけれど(笑)。

●ハーレイ・クインに対するジョーカーの態度はツンデレ?

―― 海外からの反応も楽しみな作品ですが、外国の方は作品のどんな部分に反応してくれると思われますか?

山寺:日本のエンターテインメントを象徴する1つの有力なコンテンツが戦国ものや時代劇で、それを日本人が作っているのがこの作品の強み。裏切りや謀反など、時代物にはよくある要素もバットマンやジョーカーたちの争いとシンクロするので、「今までこういうものは見たことがない。見たかった」と喜んでいただけるのではないでしょうか。

高木:ヒーローが悪いやつをとっちめるという部分では分かりやすいですね。僕の想像ですが、ニンジャものだし海外の方々もこういうエンターテインメントは好きなのではないでしょうか。

―― 山寺さんにお聞きしたいのですが、今作にも登場するキャットウーマンは、バットマンの敵にも味方にもなる女性ですが、バットマンは彼女をどう思っていたのでしょう?

山寺:全面的に信用できるような人物ではないですし、どこかで裏切るんじゃないかとも思っていたのかもしれませんが、今回は、先に日本に来ていていろいろと情報を教えてくれるのがキャットウーマンなので、ジョーカーやゴリラ・グロッドと対するという意味では、ともに戦う一人として取りあえず信頼していたんじゃないかと思います。バットマンは人がいいので。

―― では、高木さんにもお聞きします。ジョーカーの恋人であるハーレイ・クインはジョーカーのどこが好きだったと思われますか?

高木:ジョーカーにとっては、ハーレイは右腕という気持ちでいるだろうし、ハーレイはジョーカーと一緒に何かデカいことをしてやろうという、愉快犯の一味のような気持ちでいてくれたんじゃないかな。(ハーレイ・クイン役の)釘宮(理恵)さんに電話して聞いてみようかな(笑)。

山寺:都合のいい女なんでしょ? ジョーカーにとっちゃハーレイ・クインてのは(笑)。よくあんなジョーカーについていくよね(笑)。

高木:いや、そんなことはないですよ(笑)。でもよくジョーカーについていくなというところは本当にそうですよね。彼女はジョーカーを利用している感じでもなく、ずっとついてきてくれていますからね。きっとジョーカーのことが好きなんじゃないですか(笑)。それでもジョーカーが「好きだ」と言わない。その冷たいところが魅力なんじゃないでしょうか。ツンデレなんですよ。ジョーカーは(笑)。

Batman and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. (C) Warner Bros. Japan LLC

山寺宏一×高木渉インタビュー