日村勇紀「奥さんがいると恥ずかしいんですよ」ヒム子ダンスの裏話とは<マジ歌SPインタビュー>

6/13(水) 9:00配信

<マジ歌SPインタビュー>第2弾にバナナマン日村!

5月31日に行われ、大成功を収めた「マジ歌ライブ2018 in 横浜アリーナ~今夜一発いくかい?~」。

【写真を見る】ヒム子は横アリでひょっこりはん&うんちょこコラボ

同公演は、テレビ東京で放送されている人気バラエティー番組「ゴッドタン」(毎週土曜夜1:45-2:10ほか)の企画「マジ歌選手権」のライブ版。2009年に東京・日本青年館からスタートし、パワーアップを続けながら昨年は日本武道館、今年は横浜アリーナと、年を追うごとに盛り上がりを見せ、熱を帯び続けている。

そんな「マジ歌ライブ」の人気の理由とは何なのか? 横アリ公演を控えた“マジ歌”シンガーの証言とともに、その秘訣を探る<マジ歌SPインタビュー>第2弾では、マジ歌の枠を飛び出して大活躍を見せる“ヒム子”こと、バナナマン・日村勇紀が登場。大舞台に立ちまくっているヒム子が考える、マジ歌の魅力とは? バナナマンの“コンビ愛”にも繋がるトークを展開してくれた。

ーー毎回ヒム子のダンスの完璧さに惚れ惚れとしてしまいます。習得されるコツみたいなものってあるんでしょうか?

僕は毎回、iPhoneで先生が踊っているのを撮って、それをただひたすら細かく見て、やってみて、っていうのを繰り返してます。たぶん、踊り慣れてる人は、ロジックが出来てるんでしょうね。こうなったらこうなるって方程式があるはずなんですけど、俺はそんなのないので。とりあえず教えて貰っても、その場では2割も覚えられないんです。なのでお手本を撮ってもらって、家に帰ってずっとやっていると、ある時カチャって入るんですよね。急に7割くらい入るんですよ。その後、また先生と一緒にやってみて、9割、10割と完成していくって感じです。

ーーご自宅の駐車場で練習されていると伺いました。

結婚したので、奥さんがいると恥ずかしいんですよ。なので朝方に駐車場行って(笑)。

ーー奥様の目を避けてるんですね(笑)。

俺が家で踊ってると「その時期が来たな」って察してるみたいですけどね。向こうが言うには俺がピリピリしだしたって(笑)。そんなつもりじゃなかったんですけど、宿題が出てきたんだなって思うらしいです。

ーーもはや日村さんのライフワークのようなものなんですね。マジ歌には初期から出演されていますが、日本青年館から始まって、横浜アリーナまでこの企画の人気が衰えない理由をどうお考えですか?

バカみたいなんですよね。見てたら「こいつら何やってるんだ」って思うじゃないですか。でも、そんなバカみたいなことも、貫いていたらなんだかかっこよく見えてくる。見ている人がちょっとうらやましくなる所があるのかもしれないですね。大スターが大きい場所で歌っていたら、それはただの高嶺の花だけど、歌が上手い訳でもない我々が、バカみたいなことやって、結構デカイ会場でライブやってたら、「自分もちょっとくらいいけんじゃないか」って思えるでしょ(笑)。そこがいいのかなと思うし、だから不思議とメンバーが変わらず、それくらいの立ち位置が居心地が良くて、みんななんとなく、ずっといるんでしょうね。

ーー“ヒム子”としては今後どんな方向に行くんでしょう?

もうね、自分でもわかんないんですよ(笑)。ありがたいことに、ヒム子とやりたいってお声をかけていただけるだけなので…もうこれ以上はないですよ。横浜アリーナやって、乃木坂46と神宮球場に立って、紅白にも出て。

ーードームがありますよ。

いやいやいや…でも、マジ歌ってそれが現実的になってきちゃいましたよね。横浜アリーナが即完だからね。

ーーもうツアーとか、野外スタジアムとかの規模が見えてきますもんね。

野外いいね~。気持ちいいでしょうね。ゴッドタンはそういうの叶えてくれますよ。バナナマンでやらないようなことに、バナナマンの2人で立てるのがいい。

ーー設楽さんの存在もマジ歌には欠かせないですね。

設楽さんは総合ツッコミだからね。おぎやはぎと3人で全部ツッコむっていう(笑)、だから我々は好き放題にできますから。

■<マジ歌SPインタビュー>第3弾は6月13日昼12時配信! マジ歌といえばやっぱりこの人、東京03・角田晃広が登場。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 6月大会決勝はベテラン阿佐ヶ谷から若手・四千頭身まで勢ぞろい<お笑い王決定戦2018>
  • ミキ・亜生とゆりやんが告発 コロチキ・ナダルの金銭事情を大暴露!
  • 松丸アナがサプライズ復帰! ハライチコンビ愛、日村はソール「マジ歌」横アリは爆笑&感涙
  • 乃木坂46・西野七瀬、7年間にわたる驚きの食生活を告白!
  • “新婚”のバナナマン・日村勇紀を本気で好きだった女芸人とは?
奥さん