室井滋、息ぴったりの大竹しのぶとは「前世スパイのコンビだったかも」

6/13(水) 7:30配信

室井滋と大竹しのぶの“ソルト&シュガー”コンビが復活!(左から室井滋、大竹しのぶ)

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「アイアングランマ2」(毎週日曜夜10:00-10:50)。同作はかつて特殊捜査官だったコンビ“ソルト&シュガー”が再び諜報活動に戻り、悪と戦う姿を描いたシリーズの第2弾。

【写真を見る】室井滋こん身のアクションに注目!

大竹しのぶ演じる塩谷令子と共にミッションをこなす佐藤直美役の室井滋にインタビューを行い、作品の見どころとなっているアクションや作品への思い、共演者とのエピソードなどを聞いた。

■ もしかしたら本当に前世スパイのコンビだったかも

──第2弾の制作決定を聞いての感想を教えてください

前作の時に監督が「ぜひまた続けたい」とおっしゃっていたので、もしかしたら続編はあるかなと思っていました。一方、見ていて面白いものではあるけれど、題材がデリケートだからどうなんだろうとも思っていて…。

でもこの3年半の間に逆に世間がこの題材に近づいてきたというか、ご覧になる方も前作の時より今の方がもしかしたら現実味があるかもしれないですね。

それは他の役者さんたちも何となく感じていたようで、「仮想的な話だと思っていたけど、そんなことないかもね」なんてこと時々話していました。

──劇中でコンビを組んでいる大竹しのぶさんとはいかがですか?

大竹さんとはお互いに長い芸能生活なのですが、前作が初共演だったんです。でもお芝居をしてみたら全然違和感がないというか、もしかしたら本当に前世スパイのコンビだったかもしれない(笑)。結構親しくなりまして、仕事が終わってから時々食事に行ったり、第2弾が始まる時に連絡したりして。私は大竹さんよりもクランクインが先だったので、「こんな感じだったよ」と報告したりしてました。

あと撮影が冬だったので、寒さで体が硬直してたりするとけがをしやすいので、その辺りは気を付けていました。ただそういう時、私は真冬でもはだしで平気って感じなんですけど、大竹さんは寒いのが苦手でコートの中に15個くらいカイロを貼っていて(笑)。でもスマートだから全然着ぶくれしないんですよ! 私は太ってるから、なるべく着ぶくれしないように衣装は薄いトレンチコートにしてって頼んで、それでやっとバランスが取れました(笑)。こんな感じで大竹さんとは真逆な部分があって。

大竹さんはおしゃれでかわいらしい方なので、すてきなかわいいお洋服を撮影に着て来られるんだけど、私ほぼジャージで来てて、まるでおっさん(笑)。

私の演じる直美はおっさんキャラなんですよ。だから戦う相手も体の大きな男性ばかりで。

逆に大竹さんは割と女性と戦うみたいな感じで、アクションも「えいっ!」とか言ってかわいらしい感じ。

別に直美がおっさんキャラとは台本に書いてないのですが、「ああ、おっさんキャラになっているんだな」と感じました(笑)。

■ 撮影の終わった今はもう、その能力は封印しています

──令子と直美のキャラクターを交換してみたいなんて思いはありますか?

そうですね、もしどこかでかわいい役がきたら(笑)。

でも大竹さんと私のどちらかが(おっさんキャラ)ってなったらそれは私でしょう(笑)。

自分でも目つきは悪いし、怖いなと思っているんです。なんか危ない感じ。ニコニコしないとやばいなぁって(笑)。

撮影している間はお休みの日でも自分が役柄に入っちゃってる時があるんです。視線とか物言いが直美になっているのが自分で分かるんですよ。

お休みの日にタクシーに乗っていたんですが、信号待ちしている時に怪しい動きをしているおじさんを見つけて…。それを見て一緒に乗っていた人に「見てて、あの人絶対ごみ箱あさるよ」って言ったら本当にあさり始めて! 怖すぎるって言われました(笑)。

冬に出てくる虫とかバン! ってやってしまったり、動体視力がよくなっちゃってるんです(笑)。

撮影の終わった今はもう、その能力は封印してます。

──見どころにもなっているアクションはいかがでしたか?

前回で身に着けた基礎を体が覚えているので、動きは前より良くなっていると思います。

私たちのやっているアクションは“派手に見せるため”のアクションじゃなくて、“相手を倒すため”のアクションなんです。実際のスパイ同士でも戦いって声は出さずに急所を捉えようとする技だったりするんですね。人間って手をひねっただけで動けなくなったりするんです。だからあっさりと相手の武器を取り上げることができたり。そういうことをどれだけ素早くできるかどうか、ちょっと実生活で試してみたくなっちゃいますね(笑)。女性は護身術として習ってもいいかも。

出演者の方でも空手ができるって言ってたかな? 若い方たちで割とそういうこと(武道やアクション的なこと)をされてた方たち多いんですよね。どうして始めたの?って聞くと格好いいし、動きのキレが良くなるからって。

──室井さんご自身は始めてみようとか…

私は別に今からキレがよくならなくてもいいかな(笑)。

■ 「気合を入れて動きました」3話の見どころを語る

──第3話(6月17日[日]放送)では令子と直美が旅館に仲居として潜入。お着物でもアクションもありますよね

足袋、げたを履いているので、滑ったりして結構危険なんですよ。だけど私は「進め!電波少年」(1992~1998年、日本テレビ系)や雷波少年(1998年~2002年)に出演していた時にげたを履いていて。

だからげたを履いてても相当走れるんですよ(笑)。安定感があって全然大丈夫なんです。

着物の裁きってよりは履物にも慣れていたし、問題なかったですね。

──第3話には旅館のほかに健康ランドでの大きなアクションもあり、“ソルト&シュガー”も危機一髪で物語が大きく動きますよね

第3話は他の話と同じ分量なの?と思うくらいシーン数が多かったので、撮影時間も長かったですし、アクションも全話を通して1番派手。けがをしてもいけないですし、令子も直美も追いつめられている話なので、気合を入れて動きました。

健康ランドは実際に営業していらっしゃる場所をお借りして撮影するので、夕方に支度を始めて夜9時頃から翌朝の10時とかまで撮影をして。年寄りには結構こたえました(笑)。

でも自分で寝っ転がりながら映像を見ていたら思わず起き上がってしまうくらいの出来上がりだったので、楽しんでいただけると思います。

3話はかなり走ってるんです。高校生の時、実は陸上部で短距離やっていたんですよ。最近は全然やってないんですけど、走ること自体は走り始めると嫌じゃないんですよね。さらに衣装さんがくださったサポート機能のあるスパッツを生まれて初めて履いたら走れる走れる(笑)! これいいなと思って、最終的にもらって帰りました。

若い役者さんがアクションをできるのは当たり前なんでしょうけど、私や大竹さんのような年代が、劇中でも「おばさんだから(諜報員でも)まさかと思われて目立たないんだよ」というようなせりふがあるように、そうは見えないけど実は強いというのは楽しいなと思っています。

──最後に作品の見どころを教えてください

難解な言葉も多いんですが、スパイ同士だから早口でないといけないし、互いに感情を隠して活動している。でも心情を吐露してしまうシーンもあるので、その緩急をいかにつけるかということが結構見せ場になってるかなと。直美の場合は孫や娘、家庭のこと。令子の場合は、理事長を務める学校や好きな人のこと。飯田(譲治)監督には、私にも「誰か好きな人を作って」って言ったんですけどなかったから、それは次回に期待かな(笑)。

また、展開がスピーディーなので若い方にとっても面白いと思うし、逆に中高年の方にはおばさんでも結構やるんだな、と見て元気になっていただければなと思います。

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • <夏ドラマ日曜まとめ>松本穂香×松坂桃李は愛し合う夫婦、大竹しのぶ×室井滋は伝説コンビ…“絆”が沁みる注目ドラマ!
  • 「金曜ロードSHOW!」で「ズートピア」「ファインディング・ドリー」を連続地上波初放送!
  • 大竹&室井コンビ再び!「アイアングランマ」第2弾が放送決定
  • 「花子とアン」吉高由里子、鈴木亮平らが“同窓会”を開催!
  • 八代亜紀もビックリ!“本人”役でドリーと絡む!?