嘉島陸「子役の頃よりも責任を感じます」【花晴れ連載】

6/12(火) 16:00配信

杉咲花主演ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)に出演する嘉島陸を直撃!

神尾葉子の大ヒットコミック「花より男子」の新シリーズを杉咲花主演でドラマ化した「花のち晴れ~花男 Next Season~」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)。

【写真を見る】天馬(中川大志)を崇拝する近衛(嘉島陸)の企みがついに明らかに!?

主人公の音(杉咲)と英徳学園のリーダー・晴(平野紫耀)、音の幼なじみで婚約者の天馬(中川大志)の恋の行方に注目が集まっている。

前回6月5日の第8話では再び音&天馬、晴&メグリン(飯豊まりえ)がダブルデートをしたり、メグリンの誕生日パーティーをするなど華やかな回となった。

終盤では、天馬の家族との食事会に遅れた音を晴が救って友情を確かめ合い、晴はメグリンを「めぐみ」と名前で呼んで熱く抱き締めたことでついに2組のカップルに平穏が訪れたかと思いきや、次週予告で晴が「俺は江戸川を諦めない」と天馬に宣言するなどまたひと波乱起こりそうな予感に心が揺さぶられることに。

ドラマの魅力に迫る連載を展開中の「ザテレビジョン」では今回、命を救われたことで天馬のことを崇拝している桃乃園学院の副会長・近衛仁役の嘉島陸に直撃。

「アイシテル~海容~」(2009年日本テレビ系)で10歳ながら殺人を犯してしまうという難しい役を演じた子役出身の嘉島が、復帰作となる今作の魅力や子役時代との違いなどを語った。

■ 近衛の怖さを表現できるように意識

――出演が決まった時の感想を教えてください。

6年間のブランクが(子役を辞めてから)あったのですが、後半の重要な人物である近衛役を任せていただけて本当に感謝しています。

久しぶりの現場で、いろいろな不安もあったのですが、スタッフや共演者の皆様さんが優しくサポートしてくださいました。いまだに緊張していますが、おかげさまで楽しく撮影に臨めています。

周囲から「毎週見ているよ!」という声をかけていただくのですが、この作品に出演できていることが本当にうれしいです。

――子役時代と今とで変化したことはありますか?

やはり子役の頃よりも責任を感じます。

さらに良いお芝居を求められることが多くなっているので、そういうのも楽しみながら演じさせていただいてます。

――近衛を演じる上で意識していることは?

この物語の中では少し悪役的なポジションなので、その怖さを表現できるように、見ている方たちに伝わるように意識はしています。

元々原作があるので、原作のイメージに近づけることも考えながら、表情を作ったり、せりふの言い方を意識しています。

監督からは、近衛は天馬さんを崇拝している人物なので、天馬さんとの会話のシーンは明るめに、常に神に救われたような感じで接するようにと言われました。

近衛の、より怖い一面が垣間見えるシーンの撮影はこれからなので楽しみです。

――近衛が崇拝している天馬を演じる中川さんや主演の杉咲さんのご印象は?

中川さんは、すごく優しい方ですね。あんなに完璧な天馬さんを自然に演じられているのがすごいと思いますし、初めてお会いした時も中川さんから話しかけて下さいました。劇中では近衛として天馬さんを崇拝してる部分があるんですけど、実際に尊敬して、傍で演技を拝見して勉強させていただいています。

杉咲さんも、現場で僕が緊張している時に話しかけてくださいました。おかげさまで緊張がほぐれたんですが、主演を務めてる方の心配りはすごいなと感動しました。

――今作で魅力を感じる部分は?

花晴れの原作も好きでずっと読んでいるんですが、ギャグもあり、シリアスな場面や感動するシーンもあって、いろいろな感情で読むことが出来るのがとても楽しいです。

僕は、面白いシーンが好きなので、ドラマでも平野紫耀さん演じる晴のおっちょこちょいな部分が出ているシーンがお気に入りです。

平野さんの自然な演技で、晴の面白さがより一層増していますよね。一視聴者として見たときにすごいなと感じるので見習いたいなと思いました。

■ 近衛の企みが明らかになる回に

――劇中の中でご自身に似ていると思うキャラクターはいますか?

そうですね…全部が似ているっていうのはないんですが、ポイントで、晴のちょっと天然なところは自分にも近いところがあるのかなと感じたり、天馬さんの音さんに対してだけは自信がない部分は「ああ、確かに」と共感します。

リラックスしている時とかは天然な部分が出ちゃうみたいで…この前家で台本を読んでいる時に「正念場」を、「このシーンは大事だから“せいねんば”だな!」って言ってしまって、親から「“しょうねんば”でしょ?」とツッコまれました。1人でいて気分を盛り上げたい時には、音楽を聴いて1人で踊ったりとかもします(笑)。

――ドラマのテーマは「自分らしく生きる」ですが、嘉島さんの思う「自分らしく生きる」を教えてください。

目標なんですが、“自分らしく生きるため”に、やりたいと思ったことには挑戦していきたいです。

自分自身まだ出来ていないことばかりなので、そういう風になりたいです。

――9話の見どころを教えてください。

近衛の企みが明らかになる回です。その企みで悪役の雰囲気が視聴者のみなさまに伝わればいいなと思います。

今後、四角関係がどうなるのか僕も楽しみなのですが、個人的には、全員が笑顔で終わりたいですね。音さんやC5の方々、天馬さん、そして音さんや天馬さんのご家族も全員幸せになってほしいです。

■ 第9話(6月12日(火)放送)のあらすじ

音(杉咲)が何者かに襲われ、必死に助けを求めていると、偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島)たちに助けられる。

病院に駆けつけた天馬(中川)は音の身を案じ、晴(平野)にも報告すべきだと助言。しかし、音はメグリン(飯豊)との初デートのプランを必死に考える晴に、自分が襲われたことは伝えずにいた。

そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人を知ってしまう。すぐさま天馬にその事実を伝えるも、「何かの見間違いでは?」と天馬は半信半疑。音は自分を信じてくれない天馬にショックを受ける。

だが、晴は音の前で「そんなの一択だろ!好きな女の言うことを信じなくてどうする!」と天馬に掴みかかる。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • “花男”世代の木南晴夏「原作ファンも楽しめる驚きの展開が多い」【花晴れ連載】
  • 中田圭祐、先輩・小栗旬からのアドバイスに「明日からも頑張ります!」【花晴れ連載】
  • 嘉島陸は草食系!?「イチゴ。大好きなんです♡」【フレッシュスター10問10答】
  • 飯豊まりえ「花ちゃんに会えば会うほど好きが増していく」【花晴れ連載】
  • 鈴木仁“一茶ガールズ”を悩殺するウインクの秘密が明らかに!?【花晴れ連載】
晴れ連載