生島ヒロシ氏の次男が“ハリウッドデビュー”「目標は真田広之さん」

6/11(月) 11:00配信

生島翔さん

 フリーアナウンサーの生島ヒロシさんの次男で俳優の生島翔さんが米映画『DARC』でハリウッドデビューを果たした。サンフランシスコを舞台に、インターポール捜査官が、母親を殺した日本の暴力団に復讐する姿を描く。

 翔さんの役は捜査官をスカウトし、組織に潜入させる若い暴力団組長シゲル。オーディションをパスし、準主役での抜擢となった。腕っぷしの強い主役と対比させるため、自身は8キロ減量して臨んだ。

「大阪で舞台に出た後に電話をもらい、そのまま渡米。ホテルの部屋も撮影待機用のトレーラーも桁違いに大きく、これがハリウッド映画かと驚きました」

 アクションシーン満載で、翔さんのセリフは全編英語。高校から単身渡米し、コンテンポラリーダンサーとして活躍した経験が生かされた。

 父・ヒロシさんも米留学をしており、翔さんは「父の影響が大きかった。役者として勝負したいという意見を尊重してくれた」と語る。

 憧れの俳優はハリウッドでも活躍する真田広之さん。

「米国では『サナダのように日本文化を理解している俳優』が求められています。武器の英語と身体能力を生かし、中国映画にも出てみたい」

INFORMATION

『DARC』
主演トニー・シエナ。Netflixで配信中
https://www.netflix.com/jp/title/80232330

「週刊文春」編集部

【関連記事】

  • 安藤サクラ、念願のカンヌ「初めての“是枝組”を一言で表現すると?」
  • 『スター・ウォーズ』の「ミレニアム・ファルコン」研究に人生を捧げた男(前編)
  • 舞踊家・田中泯の剣士役 凄い殺気に心底脅えた!――春日太一の木曜邦画劇場
  • 三浦友和×宮下奈都「こんなことってあるんだ、っていうくらい幸せな映画体験でした」 
  • 眞子さま、佳子さま、愛子さま それぞれのファッション事情
真田広之