ひょっこりはんBGMトラブル ほかの芸人の場合は?

ひょっこりはん

 人気お笑い芸人のひょっこりはんが、ネタに使用するBGMをめぐってトラブルを起こした。フリー音源素材を提供するサイトの管理者が著作権侵害を訴えたのだ。サイト内の音源は無料使用が可能だが、「著作権表示」と「二次配布の禁止」を定めている。ひょっこりはんはBGMを含むネタ音声を、別のサイトで販売していたため管理者が二次配布と判断したようだ。管理者と所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの話し合いの結果、現在問題は解決している。

 お笑い芸人は、音や音楽を使うネタも多い。著作権対策は重要であるといえるだろう。

「陣内智則は『エンタの神様』(日本テレビ系)で、映像にツッコミを入れる一人コント形式のネタを多く行っていました。このネタに使う映像素材は、メカに詳しい同期芸人の原田専門家が作っていました。『安心してください。穿いてますよ』でおなじみの、とにかく明るい安村のBGMは作曲家の藤井りょうはんによるオリジナルであり、タイトルは『とにかく明るい安村全裸に見えるポーズソング』です」(放送作家)

 オリジナルであればトラブルになる可能性はまずない。既存曲の使用は何かと危険ともいえる。

「ウクレレを片手にした替え歌芸でブレイクしたパーマ大佐は『森のくまさん』の替え歌をめぐってトラブルを起こしています。英語の原曲歌詞を和訳した馬場祥弘氏が販売中止を訴えたのです。許諾の連絡に行き違いがあったためで、現在は話し合いの結果解決しています。お騒がせ芸人として知られる江頭2:50は、登場時のBGMとして布袋寅泰の『スリル』が流れます。これはテレビ番組中でたまたま使われたものであり、この曲が『江頭のテーマ』となってしまったことを、当初は布袋はよく思っていなかったようですが、現在は布袋のライブに江頭がゲスト出演するなど親交があります」(前出・同)

 既存の楽曲を使用する場合は、ワンフレーズであっても著作権使用料が発生する。長い目で見ればオリジナルな楽曲を持つことは重要といえるかもしれない。

【関連記事】

  • 広瀬アリス、バスケ選手との交際は「ご想像にお任せします」ひょっこりはんは、ほっそりはんに
  • クロちゃん、炎上芸は“無理をしている”? 団長「注目浴びようと思って」と叱られる
  • NEWS小山、復帰は意外と早い? あの番組で電撃復帰の可能性
  • 野球経験者の芸能人は多い? 関口メンディーは始球式で133キロ
  • 「もうインスタ辞めぇ!」ピース綾部のインスタ ノブのツッコミが最高と話題
ほか