ドン・ファン怪死事件で和歌山県警「毒カレー」の雪辱なるか 「バカ山県警」やゆの屈辱過去

事件のキーマンとされるSさんは8日未明に野崎邸を出て和歌山から離れた

 和歌山県田辺市の資産家で“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏(享年77)が、何者かに殺害された可能性のある事件は、発生から2週間が過ぎた。野崎氏の死因となった覚醒剤の入手ルートはいまだ不明とみられ、事件はすでに長期化の様相を呈している。20年前のヒ素混入カレー事件で、“真相究明”ができなかった和歌山県警にとっては、雪辱できるかどうかの大きなヤマ場を迎えている。

 資産家怪死事件で和歌山県警は、いまだ決定的な証拠をつかむことができていないようで、早くも迷宮入りまで危惧されている。

「捜査の主導は田辺署から県警本部に移行した。とはいえ、当初から捜査に当たっている田辺署内は、緊迫しているとは言いがたい。同署幹部によると、7日に掘り起こした愛犬イブから覚醒剤を検出するのも時間がかかりそうだということ」(テレビ局関係者)

 相続の権利を得た妻のSさん(22)や、ともに遺体を発見した家政婦のAさんらは、なかば容疑者として見られている。また出入りする会社関係者、親族関係者も含め、アリバイの確認や覚醒剤の使用歴、入手ルート・摂取の方法など捜査すべき事案は山積みだ。

「今のところ、警察から広報されたのは死因と死亡推定時刻のみ。なかなか進まない捜査に不満の声も募っていて、1998年の和歌山毒物カレー事件を想起する者も少なくない」(前同)

 夏祭りでカレーを食べた住民が次々と体調不良を訴え、4人が死亡、63人が負傷した和歌山毒物カレー事件と今回の事件は共通項が多い。カレー事件では、カレーにヒ素が混入されたのに対し、野崎さんは覚醒剤と、薬物が死因となっている。

 また、カレー事件では直接証拠が乏しく、逮捕→判決までほとんどが状況証拠に頼った。野崎氏の死因も覚醒剤による急性中毒と判明しているが「誰が、どのように入手して、どう摂取させたのか」(直接証拠)は全くわかっていない。

 林真須美死刑囚(57)が逮捕されたのは事件から約2か月後のこと。法曹関係者は「林死刑囚が実行したと断言できる直接証拠に乏しく、動機の存在もあやふや。最高裁で09年に死刑が確定した後、再審請求も昨年棄却された。このときの捜査が、いまだに後味の悪さを残し続けることになった。冤罪を疑う声も根深い」(地元メディア関係者)

 当時の様子を知る人物は「被害者遺族が『“バカ山県警”には無理や。大阪府警に来てほしい』と見切りをつけていたり、進まない捜査を批判する記事を書いた記者に『ありがとう。これで何か彼らが変わってくれたら』と感謝したりするほど異常な状況でした」と振り返る。

 そんな過去もあって、現在の県警は針のむしろの上にいるような環境で必死に自殺・事故の可能性を潰している。Sさんと家政婦Aさんが東京を拠点にしていることから、警視庁との合同捜査の可能性について県警幹部は「そんな話はない」と否定するも、事情を知る関係者は「警察庁には早くから協力を要請しているようです」と話す。

 一方で、SさんやAさんに対して複数回の任意聴取を行ったほか、2人をポリグラフ(ウソ発見器)にかけたり、埋葬された犬の死骸をわざわざ掘り起こすなど異例ともいえる捜査に着手している。

「どれだけ捜査が長引いても、確実な証拠を積み重ねて真犯人を追い詰めてほしい。今の段階でやゆされたとしても気にすることはない。しかし、カレー事件の二の舞いになれば、数十年先も『県警の失態』と言われ続けることになる」(先の地元メディア関係者)

 野崎氏の家には報道陣が詰め掛け、ワイドショーでは連日、中継されている。捜査の行方に関心が集まり、県警にかかるプレッシャーは甚大で、苦しい状況にあるハズだが、裏を返せば汚名を返上するチャンスでもある。

【関連記事】

  • 怪死“紀州のドン・ファン”愛犬イブの死骸は何を語る?最後に「エサ」誰が
  • 怪死ドン・ファン22歳新妻「AV出演」報道と野崎氏との本当の仲
  • 紀州のドン・ファン怪死でデヴィ夫人 “夫を邪険に突き飛ばした”22歳新妻の異常な姿証言
  • 槇原敬之の元パートナーに覚醒剤有罪判決 有名タレントとの関係も聴取?
  • ドン・ファン 、 和歌山県警 、 和歌山県 を調べる
バカ山県警