King&Prince、“vs”から“&”になって上昇気流を掴んだ6人の魅力(クランクイン!)

King&Prince、格差を絆で乗り越えvsから&に…上昇気流を掴んだ6人

 ジャニーズ事務所がこの春送り出した新星6人組ユニット・King&Prince。5月23日、メンバーの平野紫耀が出演するドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時放送)の主題歌『シンデレラガール』でCDデビューし、1位を獲得したグループだ。表紙を飾った「anan」が、同誌の長い歴史の中で2度しかない重版となるなど、今一番勢いのある彼らを紹介しよう。

【写真】平野紫耀登場!『花のち晴れ~花男 Next Season~』の舞台挨拶&レッドカーペットイベントの模様

 そもそもKing&Princeは、ジャニーズJr.内ユニットであった「Mr.KING」の平野、永瀬廉、高橋海人と、「Prince」の岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太で構成されたグループ。関西ジャニーズJr.出身の永瀬、地元の愛知県で芸能活動を始めた後に関西ジャニーズJr.に移った平野が西、残る4人は東という振り分けで、東・名・阪の出身者がそろっている。

 2015年、デビュー前に『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーターに就任したとき、6人のグループ名は“&”ではなく“vs”でつながれた「Mr.King vs Mr.Prince」だった。しかし、2016年、2017年はPrinceがサポーターから外され、Mr.KINGのみで継続。グループ内ユニット格差が生まれたことで、本人たちはもちろん、ファンも気を揉んだという経緯がある。しかし今年、全員の強い意志で6人でのデビューを果たし、“vs”ではなく“&”でひとつになった。

 現時点でズバ抜けた露出を誇っているメンバーは、やはりドラマ『花晴れ』の平野。小学2年生でダンスを始めた彼は、高校1年生のダンススクールの合宿で上京した際に少年隊や光GENJIなどを教えたインストラクターと出会ったことで人生が急変。ジャニー喜多川社長を紹介してもらい、オーディションなしで入所した。

 そのわずか2年後、2014年に深夜ドラマ『SHARK』(日本テレビ系)で主役に抜擢。2016年には、弱冠19歳で舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』の座長を務め、博多座の最年少座長記録を更新した。現在21歳の彼は、今春には主演映画『honey』、現在は『花晴れ』、11月にも主演映画『ういらぶ。』と出演作が目白押しだが、本人は至って天然なキャラクターだ。

 同じくMr.Kingの永瀬は、関西出身だけあって話術が巧みな19歳。関西ジャニーズJr.時代にレギュラー出演していた『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ/毎週日曜9時)では、当時高校生ながらも見事な仕切りっぷりを見せ、現在も『ザ少年倶楽部』(NHK-BSプレミアム)で力を発揮しているほか、俳優としても主演映画『うちの執事が言うことには』の公開が来年に決定している。

 そして高橋は、黒くて大きな瞳が魅力な19歳。グループ内最年少だが、幼稚園児の頃からダンスを習っているため、キャリアは最長と言える。ジャニーズに入所した14歳のころはまだあどけなさが残っており、声変わりもしていなかった。甘えたボイスは、弟キャラそのものだったが、現在は立派な青年に成長。ジャニーズJr.になる前、『We are SMAP! 2010 CONCERT』の中居正広のソロ曲「Memory ~June~」で幼稚園児の格好をしてダンサーに加わっていたことを本人が雑誌インタビューなどで語っている。

 一方、グループ最年長、22歳の岸優太はPrinceのメンバー。本人が固辞する中、メンバーからKing&Princeの“初代”リーダーに任命された、真面目な努力家且つ天然なキャラクター。2015年の深夜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)で子役の鈴木梨央とW主演を努め、視聴者を感動の渦に巻き込むなど、役者としても折り紙つきだ。舞台や映画などでSexy Zone・中島健人との共演が多く、12月21日公開の中島主演映画『ニセコイ』にも出演している。

 Prince内最年少の神宮寺勇太は、SMAPの木村拓哉に憧れて入所。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の“ジャニーズJr.”特集に出演した1人だ。収録中に「ギターが好き」と発言した彼は収録後に木村から呼びだされ、前室でギターを教えてもらったというエピソードが有名だ。役者としても2013年のドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)などに岩橋と共に出演。永瀬主演の『うちの執事が言うことには』への出演も決定している。

 前述のとおり、神宮寺と共に活動することの多い岩橋は、老舗アイドル雑誌『Myojo』の恒例企画“恋人にしたいJr.ランキング”で、前人未到の5年連続トップに輝いている20歳。これまで3連覇タイで山下智久と元KAT‐TUN・赤西仁が並んでいたが、岩橋がその記録を塗り替えた。『CDTV』(TBS系)や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時に“ピンクの子”としてトレンド入りし、ファンのみならず一般受けも証明。左右にできるえくぼが魅力的なピュアボーイで、A.B.C‐Zの河合郁人も、メロメロだという。

 このようなメンバーで、ユニバーサルミュージックとジャニーズ事務所が初タッグを組んだ新レーベル「Johnnys’ Universe」の第1号アーティストとなったKing&Prince。デビュー曲は発売初週で累計62万枚を売り上げ、シングルの週間売り上げトップを獲得している(ビルボード調べ)。グループ内格差を絆で乗り越えた彼らの高まる気運に終わりはない。(文/伊藤雅奈子)

【関連記事】

  • 平野紫耀の“告白”が「切なすぎて泣ける」 『花のち晴れ』6話
  • 平野紫耀&杉咲花ら『花晴れ』美少女3人の“温泉シーン”にファン興奮
  • 小栗旬の花沢類が登場 残りのF4メンバーの出演は? 『花のち晴れ』3話
  • 杉咲花、平野紫耀をぶっ飛ばす! 『花のち晴れ』音ちゃんハイライト
  • 『花のち晴れ』初回、松潤&キンプリ平野の“夢の競演”にファン熱狂!
ldquo