横山裕、村上信五、錦戸亮が“国歌斉唱”で大緊張! 競馬場でライブの仰天プランも!?

6/7(木) 4:00配信

新CMは駅のホームに立つ柳楽優弥が高畑充希に電話を掛けるシーンで始まる

関ジャニ∞の横山裕、村上信五、錦戸亮が、6月7日(木)より全国で放送開始されるJRA日本中央競馬会「第59回 宝塚記念」の新CM「緊張の夏」篇に出演することが明らかになった。

【写真を見る】「国会斉唱」を前に、緊張のあまりあたふたする横山裕、村上信五、錦戸亮

同CMは、高畑充希と「宝塚記念」が開催される兵庫・阪神競馬場に向かう柳楽優弥が電話で話すシーンからスタート。

そして、阪神競馬場はパドックを周回する馬を引く厩務(きゅうむ)員、真剣な表情のスターター、スタートゲートの後ろ扉をしっかりと閉める係員、望遠レンズを構える報道カメラマン、真剣なまなざしでコースを見つける観客たちと、ビッグレースを前に緊迫した雰囲気に。

それぞれが、それぞれの思いを胸にレースを迎える中で、「国歌斉唱」という大役を任せられ、緊張している横山、村上、錦戸。

背中を向け、「あかん! めっちゃ人おる!!」「俺、待っとくわ…」「いや、あかんやろ!」「どないしよう…」「もう歌われへんて!」と、緊張感MAXの中でコミカルなやり取りを展開する。

果たして、3人は無事に国歌を歌い上げることができるのか。

なお、横山、村上、錦戸は6月24日(日)に「第59回 宝塚記念」が開催される阪神競馬場に来場し、実際に「国歌斉唱」を行う。

■ 横山裕「大穴狙いで“ヨーロッパ”にも!」

――CM撮影を終え、感想や見どころを教えてください。

錦戸:競馬場の特別な部屋は、めったに来られる所でないので、来たときは興奮しましたね。あとは、「アドリブでやってください」って言われたところが、どこまで使われているか気になります。

村上:ちょっと尺長くなりましたから(笑)。

錦戸:CMを見たら、ほぼほぼカットされているんじゃないかなって(笑)。

――最近一番緊張したことは?

横山:マネジャーさんに「国歌を歌いますよ」って言われたとき、緊張しました(笑)。国歌を歌うときも緊張しますけど、言われたときも緊張しました。

錦戸:国歌ですからね…。

横山:3人で顔を見合わせて「大丈夫かな…」って感じになりました。

――今後、挑戦してみたい「大役」はありますか?

村上:自分たちで何かを作り上げることも“大役”かなって思っています。そういう意味では、突拍子もないことだとは思いますけど、ライブのようなこととかが競馬場でできたりすれば、“大役”だったりするのかなと思います。

――競馬はやりますか?

横山:年末ライブの時やったりしてましたね。

村上:「有馬記念」はみんなやってました。

横山:競馬をやるから、みんなで楽屋で競馬新聞を見てやったりしますね。

錦戸:僕はG1のたびにやっていますよ! 去年の秋ぐらいから。だいぶ負けていますけど…。でも、その時の一瞬のドキドキは何にも代えられないですし。

村上:僕はなかなか…やってないんですけどね。みんながやっているのは「楽しそうやな」って思いながら。盛り上がっているのを見ると「あ~俺もやっておけば良かったな~」って思うんですけど。

横山:宝塚記念はやりたいよね。こういうご縁をいただきましたし。

――8月25日で“15周年イヤー”を迎えますが、意気込みを教えてください。

村上:ベストアルバムを引っさげてのツアーを5大ドームでやらせていただく中で、初の台湾公演をやらせていただくことになったので、次へのステップであり、もう一つグループが大きくなれる、15周年という節目の年にしたいなとは思います。まずは、ツアーが大成功するように!というのが大きな意気込みです。

横山:台湾もライブが決まっていますけど、大穴狙いで“ヨーロッパ”辺りにも行ってやろうかなって思っています!

村上:ヨーロッパは広いぞ~(笑)。

横山:うまいこと競馬と掛けて言おうと思ったんですけど…失敗したパターンです(笑)。

錦戸:15周年イヤーですから、何か派手になればいいなとも思いますし、見ている人たちがすごく期待したくなるような、そんなグループでいられるように頑張りたいなと思います。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 関ジャニ∞、乃木坂46ら豪華メンバーが集結!「第2回 日・ASEAN音楽祭」
  • Toshl、隠れ家をテレビ初公開!村上信五「宮殿ですやん」
  • 高畑充希&土屋太鳳が“いとこ”尼神インターと競馬場をエンジョイ!
  • 村上信五がテレ朝のサッカー中継プレゼンターに!「今から胸がワクワクしております」
  • 関ジャニ∞村上「東京のJr.に対して『なんやねん、アイツら!』とか(笑)」関ジャニ∞達が“青春秘話”語る<特集18歳だったころ>
村上信五