紹介者が初告白「紀州のドン・ファンと妻を引き合わせたのは私です」

6/6(水) 16:00配信

田辺市の有名人だった ©文藝春秋

「紀州のドン・ファン」と呼ばれていた野崎幸助氏(77)が急死し、体内から覚せい剤が検出された事件。今年2月に野崎氏と結婚し、100日余りで未亡人となってしまった妻(22)との出会いを、二人の間の紹介者が初めて「週刊文春」に告白した。

【写真】野崎氏が一目で気に入ったという22歳妻の写真

 二人の出会いを巡っては、「羽田空港でナンパ」「高級デートクラブで出会った」など諸説入り乱れていた。

 この紹介者は昨年11月、野崎氏から女性探しを頼まれたという。

「社長の条件は、とにかく美人、身長170センチ以上、20~25歳の三つでした。写真を送ったところ、一目で気に入り、昨年12月に二人は会うことになったのです」

 その後、二人は2月8日に入籍した。

 6月7日(木)発売の「週刊文春」では、出会いの詳細や、22歳妻の素顔、謎の家政婦など、「紀州のドン・ファン」怪死事件について詳報している。

「週刊文春」編集部

【関連記事】

  • NEWS小山・加藤が未成年女性に飲酒強要
  • 日大アメフト部OBが決死の告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」
  • バイブ万引き、当直室の肉体関係……北海道警「隠された不祥事」の実態
  • 41歳元アイドル妻と駆け落ち 21歳大学生は「旦那を殺したい」
  • 母親が告白 農業アイドルだった大本萌景さん(16)は、なぜ自殺しなければならなかったのか