『花のち晴れ』8話、夜の“豪華”男子会&女子会に視聴者胸キュン

江戸川音役の杉咲花

 女優の杉咲花が主演を務める『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が5日に放送され、平野紫耀演じる晴とC5の男子メンバーが男子会を開くシーンに、SNS上では「男同士の戯れ萌える」「男子会が尊すぎて泣いた」などの反響が巻き起こった。

【写真】杉咲花、飯豊まりえ、今田美桜らの豪華女子会

 音(杉咲)と晴(平野)はお互いに友人として向き合っていくことを決める。そして晴はメグリン(飯豊まりえ)を「彼女(仮)」として、音と晴は、それぞれ素敵なカップルになろうと誓い合う。

 ある日、音と天馬(中川大志)の映画館デートに合流することになった晴とメグリンは、音と晴の仲の良さを見て不安になってしまうが、晴のために英徳学園を盛り上げようとメグリンの誕生パーティーを企画。しかし同じ日に馳&江戸川両家で食事会が開かれることになってしまう。その食事会は、音が天馬の婚約者としてふさわしい女性かを見極める場だった。音はメグリンの招待を断り、食事会に向かおうとするが…。

 晴は、自分を心から思ってくれるメグリンと向き合うことを決意。メグリンの誕生パーティーを自分が仕切って、その中で交際宣言をしようと考える。パーティーの前日の夜、晴はC5の海斗(濱田龍臣)、一茶(鈴木仁)、杉丸(中田圭祐)の4人組で会うことに。プールサイドでリラックスしながら恋バナに華を咲かせる姿に視聴者からは「男同士の戯れ萌える」「男子会が尊すぎて泣いた」などの声が集まった。

 一方、音の家ではメグリンと愛莉(今田美桜)、バイトの先輩・紺野(木南晴夏)が集まって、たこ焼きパーティーを開いていた。この女子会シーンにSNSでは「タコパ会場が美女ばっかで震える」「豪華な女子会」などのツイートが多数寄せられ、さらに「男子会鬼ほど可愛いのでメイキング待ってます…女子会も絶対可愛いからそちらも希望」「男子組、女子組の場面もっと増やそうぜ」などの声も投稿されていた。

【関連記事】

  • 【写真】『花のち晴れ』美少女・今田美桜、バイクまたがるショットに反響
  • 飯豊まりえ演じるメグリンに「カッコいい」と称賛の声 『花のち晴れ』
  • 平野紫耀の“告白”が「切なすぎて泣ける」 『花のち晴れ』6話
  • 『花のち晴れ』5話、中川大志、王子様キャラ“天馬くん”がトレンド1位に
  • 『花のち晴れ』4話、中川大志のイケメンっぷりに「王子様すぎる…」の声
男子会&女子会