ヴィン・ディーゼル、中退した大学から名誉博士号を授与される

中退した母校から名誉博士号を取得したヴィン・ディーゼル

 カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの人気俳優ヴィン・ディーゼルが、30年前に中退したニューヨーク市立大学ハンター校から英文学科人文学の名誉博士号を授与されたという。ヴィンは現地時間5月30日に開催された卒業式に出席している。Mail OnlineやTMZなどの海外メディアが報じた。

【写真】サングラスが『シティーハンター』海坊主のようにお似合い「ヴィン・ディーゼル」フォトギャラリー

 役者を志し、3年生の時に大学を中退してハリウッドに向かったというヴィン。Mail Onlineに掲載された写真を見ると、同校のスクールカラーであるハンターパープルの卒業生用ガウンを身に着けたヴィンが、いつものようにサングラスをかけている。ダブル裏ピースをしながら、とびきりの笑顔を見せている。

 ヴィンは2000人の卒業生を前にしたスピーチで、「ハリウッドにいながら、常にハンター校の誇りを持っていました。ハンター校で経験したことから多くを会得していると、胸を張って言えます」と、同校での学びが活かされていることを語っている。

 ヴィンはまた、多種多様な生徒がいたことを回顧し、ハリウッドでは人種的な多様性が欠如していると指摘すると、「僕たちは努力家だ。何でも克服できます。母校でそれを学び、社会で活かしましょう」と述べて卒業生を鼓舞したそうだ。

【関連記事】

  • 「最も興行収入を稼いだ俳優」『ワイスピ』俳優がワンツーゲット<フォトギャラリー>
  • ヴィン・ディーゼルも! 父の日企画!育メン・セレブが大集合<フォト特集>
  • V・ディーゼルと確執のD・ジョンソン、『ワイスピ9』出演に黄信号
  • 『ワイルド・スピード』、T・ギブソンが「D・ジョンソンが出演するなら降板」と断言
  • 『ワイルド・スピード』、第9弾の全米公開日が1年先送りに!2020年公開
ヴィン・ディーゼル