西城秀樹さん葬儀記念品出品の黒幕 本紙直撃に「話して何かもらえるのか」

葬儀で配られたポストカード

 西城秀樹さん(享年63)の葬儀(先月25~26日)で配られた記念品がオークションサイトに大量出品されていた問題で、葬儀場から品物を持ち帰って出品していたとされる“黒幕”A氏を直撃した。

 西城さんゆかりのポストカード、CD、カレーなどの記念品がネット上で大量に出品され、なかには万単位の金額で売買が成立したものもあり、あまりのモラルのなさに批判が集まっていた。

 常識的に記念品は、来場者が1つだけもらえるものだが、その場に居合わせた弔問客らは「ある男性が大量に持ち出していたのを見た」と証言する。フジテレビのニュース番組が記念品を売買していた業者を直撃し「委託出品したもの」との回答を得ていたが、この業者に委託を依頼した男性こそA氏だという。

 相次ぐ批判を受けた業者が出品を取りやめると、A氏は知り合いのB氏に頼み、別のアカウントで再び記念品を出品したそうだ。前述の目撃者は「たくさんの記念品を持って帰る様子を見た多くの人が『何アレ』と顔をしかめていた」と話す。

 関係者によると、このA氏は大杉漣さん(享年66)の葬儀でも記念品のハンカチと映画カタログを持ち出して、同様の売買取引を行っていたとされる。

 本紙が西城さんの葬儀での行動や出品の事実確認をすると、A氏は電話口で「あんまり言いたくないですね。痛くもない腹を探られてもね。答えるメリットがない」と回答して、さらに「たとえば芸能人のスキャンダルを話して10万円もらえたりするのに、ここで話して何かもらえるんですか」などと話した。

 前出の委託業者に出品を頼んだことも「ない」と否定する。この電話の数時間後、オークションのページを再度開くと、B氏による出品が取り消されていた。

【関連記事】

  • 野口五郎 西城さん葬儀配布品の転売に「ノーコメントで…」
  • 加藤浩次 西城秀樹さん葬儀の配布品転売に「浅ましい行為」
  • 氷川きよし 秀樹さんの思い出披露「初めて会った時にすごく緊張」
  • 野口五郎や郷ひろみが弔辞 1万人以上のファンが西城さん見送る
  • 西城秀樹 、 大杉漣 、 オークションサイト を調べる
黒幕