“ボイメン”の下駄を履き…和田アキ子46年ぶりトップ10入り

和田アキ子(C)日刊ゲンダイ

 歌手・和田アキ子(68)が「和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生」名義でリリースした新曲「愛を頑張って」が10.5万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキング(5月21~27日)で2位に初登場して話題だ。というのも、和田がオリコン週間ランキングでトップ10入りするのは1971年12月発売の「夜明けの夢」(10位)以来、46年4カ月ぶり。同年6月「天使になれない」の8位が最高だったからだ。

「和田はコンスタントに新曲は出し続けていたものの、売り上げは1000枚にも達していなかった。

 昨年10月に50周年ベストアルバムを出したもののほとんど話題にもならず。今回、発売初日だけで8・7万枚も売れたのは明らかに“ボイメン効果”でしょう」(レコード会社関係者)

「BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)」は名古屋を拠点とするイケメングループ。2016年に「日本レコード大賞」で新人賞を受賞し、昨年12月発売のアルバム「威風堂々~B.M.C.A.~」で初のアルバムチャート首位を獲得。

 和田がコラボしたのは同グループの研究生たちだったが、ボイメンファンがこぞって購入したのは明らか。

 ボイメンの“下駄”で久々の快挙となった。

【関連記事】

  • 広瀬香美の芸名使用権問題 元事務所とドロ沼訴訟に突入か
  • 「趣味が結婚」清水国明“4度目婚”でシニアの星になる?
  • こじはる熱愛報道 IT社長がモテる背景に“芸能界の大衆化”
  • 杉咲花「花晴れ」視聴率続落は作り手と視聴者の“乖離”?
  • 不倫相手は家庭崩壊…テレビから姿を消す斉藤由貴の今後
日刊ゲンダイDIGITAL