結成5周年!TPDが語る新体制、新曲、“その先”へ!(後)「期待以上のものを見せていきたい」

東京フォーマンスドールの櫻井紗季、橘二葉、脇あかり、高嶋菜七、浜崎香帆、上西星来(写真左上から時計回り)

6人での新体制がスタートした、ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称:TPD)が、6月6日(水)に新体制第1弾となる7thシングル「Shapeless」をリリース。

【写真を見る】気合十分のポーズで笑顔を見せる東京パフォーマンスドール

同曲は、既にテレビアニメ「BEATLESS」(MBS/TBSほか)の2クール目のエンディングテーマとしてオンエアされており、TPDファンのみならずアニメファンからもアツい支持を集めている。

そこで、6月には新生TPDとして結成5周年を迎える高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、橘二葉の6人に前・後編にわたるロングインタビューを敢行!

後編では、新曲タイトルにちなんだ(!?)ちょっぴりむちゃぶりの質問に答えてもらった。

【結成5周年!TPDが語る新体制、新曲、“その先”へ!(前)「まだかなえられてない夢がある」より続く】

■ ソロ活動もみんなで応援!

――リーダーは先日朝の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)に出られましたね。現場はどうでしたか?

高嶋:朝ドラのオーディションはこれまでも何度か受けさせてもらったんですけど、それでNHKの方に見ていただいていて、お話を頂いたのがすごくうれしくて! 

朝ドラの場合、リハーサルを別日にして、一つ一つすごく丁寧に作っていくという感じでしたので、「すごいなあ」と思いました。

NHKさんは何度か私たちもお仕事で行かせていただいているんですけど、朝ドラの撮影場所は世界観が全く違いました。

朝ドラならではの撮影方法で、スタジオに入った瞬間、全然違う世界にいるようで、ウキウキして撮影できましたし、キャストの皆さんもすてきな方ばかりだったので、すごく楽しい撮影でいい経験になりました。

――こういうソロでドラマに出ている時などは、皆さん感想を言い合うんですか?

高嶋:するよね?

浜崎:します。

上西:うん、するね。

――じゃあ浜崎さんの「ZIP!」の感想なんかも…当然?(笑)

浜崎:そ、そうですね…(笑)。えっと、みんな起きてないのかな?

高嶋:バレてる(笑)。

浜崎:でも「スタジオにいるのは見たよ」って言ってくれたことはありました。

橘:うん、見た見た。

高嶋:「真剣な顔してたよね~」って言ったよね。

浜崎:私が担当しているコーナー「流行ニュース!BOOMERS」は朝6時50分ですからね…。

――朝早いですからね…。

浜崎:みんな、コーナーも見てね。

上西:はい(笑)。

脇:でも、テンション高いよね!

浜崎:うん、朝だからテンション高くいかないと! 爽やかに、フレッシュに頑張ります。

■ 変化球の質問に悪戦苦闘!?

――ここで変化球の質問を。シングル表題曲のタイトルが「Shapeless」。英語の意味には「形がない」とか「ぶ格好な」といろいろ意味があるんですけど、それにちなんで、皆さん最近出会った“格好いいもの”や人、思いついた順から皆さん教えてください。

一同:えー! 格好いい…。

高嶋:私あります! 今まで車に興味なかったんですけど、最近教習に通って、将来は私も車をゲットしたいなっていう野望が出てきたんです。それでどの車がいいかなって、路上などでも見ていたら、この前どタイプな車に遭遇したんですよ!

私の好きな車が「ハリアー」なんですけど、街中を歩いてたら真っ黒のジープが走っていて。もう動物でも乗せられるんじゃない?というくらい大きかったんですよ。それが最近見た格好いいものでした。あかりもジープ好きだよね?

脇:えっ…?

櫻井:ん? 今の反応何?(笑)

脇:ごめん、聞いてなかった(笑)。

高嶋:何それ!(笑)

脇:自分の答えを考えていたからさ。

――脇さんもジープが好きなんですか?

脇:いや、ハマーです。

櫻井:ハマー! ゴツイやつだよね。

高嶋:ハマーか~! とにかくうちら大きいゴツイ車が好きなんですよ。

脇:そうそう。

浜崎:私もこの前、格好いい白のジープ見た!

櫻井:そうなんだ(笑)。

――他にどなたか格好いいもの浮かびましたか?

上西:格好いい人でもいいですか?

――大丈夫ですよ。

上西:はい! 格好いい人見ました。先日、友達が出産したんです。同い年で高校から一緒の友達なんですけど、お母さんになって、その子供が退院してお家に初めて来る時に私も行ったんですよ。

そして、その2カ月後くらいにTPDのリリースイベントがあって、そこに赤ちゃんを連れて来てくれて。さらにその2カ月後くらいにまた会ったら子供も成長していたんですけど、私の友達が高校の時と全く違う“お母さんの顔”をしていたんですよ!

その友達は「この子のためなら本当に死ねる。それくらいこの子を守っていきたいんだ」って堂々と言って、格好いいなあって思いました。

高嶋:母って偉大だね。

上西:同級生だから余計に衝撃を受けました!

――なるほど。そして次は誰いきますか…? もうかわいいでもいいですよ?

脇:じゃあ私が。今年になってからピアスをしはじめて、最近ピアスばっかり買っちゃうんです。ピアスをする前、個人的に「ハートのやつは嫌だ」って思っていたんですよ。

自分にはかわい過ぎるし、ハートは嫌だってずっと自分で言っていたんですけど、気が付いたら私が買ったピアスは全部ハート形でした(笑)。

――それは無意識に?

脇:そうです。自然とハートに目がいくようになってしまって、いつの間にかハートってすごくかわいいなって思い始めました。

■ 橘二葉の謎の発言に一同絶句

――えっと、何の話だろう…(笑)。さあ、浜崎さんいけますか?

浜崎:はい。「ZIP!」のロケで東京ディズニーランドに行った時、シンデレラ城の前で海外のカップルなのか夫婦かは分からないんですけど、ウエディング写真を撮っていたんです。

映画のワンシーンを見ているようで、めちゃくちゃ格好いいなと思いました!

橘:あ、私も思いつきました! 最近、家具を見るのが好きで、暇さえあればすぐに机とかテーブルとか、ソファ…とか。

高嶋:机もテーブルも一緒や!(笑)

橘:ほんまや!すいません(笑)。ソファやテレビ台を調べているんです。

浜崎:買い換えたいの?

橘:そうなの、買い換えたくてカーペットとかいろいろ調べているんですけど、調べていくうちに自分の理想の部屋というのができてきて、その家具たちが…かわいいです!

一同:…(絶句)。

高嶋:え、何それ(笑)。

浜崎:家具たちがかわいいってやばい子だわ(笑)。

橘:いや、家具たちがかわいくて…。

高嶋:ちなみにその中で一番かわいい家具って何なん?

橘:一番かわいかったのはテレビ台ですね。

――テレビ台!?

橘:一番お気に入りのテレビ台を見つけて、いつか絶対買おうって。お部屋に飾りたいなって思いました。

高嶋:飾るんや(笑)。

橘:え、待って! じゃあ何て言うの(笑)。

浜崎:置くじゃないかな。

橘:置きたい。設置したい!

――なるほど。頑張ってください(棒)。

橘:は、はい!(笑)

脇:ちょっと、みんなどんどん話のレベルが下がってきたよ(笑)。

高嶋:あんたが言うな(笑)。

――(笑)。じゃあ最後は櫻井さん!

櫻井:先日、地元に帰れた時がありまして、私にはいとこがいるんですけど、いとこが双子の男の子なんです。

この春に中学1年生になったんですけど、生まれた時から私も世話をしていて、育ってきた過程を見てきたので、学ランを初めて着た姿を見て「大きくなったなー!」と感慨深く思いました。

1年前に見た時はまだ目線がだいぶ下だったのに、今回会ったら自分と同じような高さになってきていて、勝手にすごく感動して「大きくなったな」って頭をなでたら、反抗期なのか分からないんですけど「え、なに? やめて」って感じで言われてしまって(笑)。男の子ってこういうことか、って学びました(笑)。

高嶋:いい話だね。

櫻井:学ランを着ている姿がたくましく見えて、格好良かったです。

――男の子ってそうなんですかね。ちなみに皆さんは自分で変わってきたなと思う瞬間ってありましたか?

高嶋:あります。東京に出てくると、だんだん東京での生活ペースになっていったとき、昔ほど地元に帰りたい、帰らなきゃいけない、と思わなくなりました。

大人になるにつれて、帰ったら帰ったで楽しいんですけど、無理に帰らなくてもいいかなって落ち着き始めたのは成長かなと思います。ホームシックがなくなりました。

浜崎:確かにそうかも。

橘:そうだね。

浜崎:高校生の時はみんなすごかったもんな。

高嶋:確かに。

橘:長い休みがあるとみんなすぐに地元に帰っていましたからね。

櫻井:地元に執着があってね(笑)。

高嶋:大人になると、地元に帰っても結局みんな大学の友達とか、就活とか、周りの環境が違うんです。高校生くらいの頃は集まってみんなで遊べたんですけど、それぞれの道を歩み始めて、環境も変わって、周りも成長しているし。なかなか会うのが難しいんですよね。

■ ダンスサミットへの意気込み

――なるほど。そして6月3日(日)には「東京パフォーマンスドール“The 5th Anniversary ダンスサミット”」が行われます。最後にリーダー、サブリーダーから意気込みをお願いします。

高嶋:6月は結成5周年の月です。毎年、結成3周年、4周年って1歳ずつ大きくなるにつれて自分たちは成長できているかな?って不安になるんですけど、5周年の節目に新体制でライブをすることになり、その分ファンの方の期待も大きいと思うんです。

「どうやって楽しませてくれるのかな」って思っていることも多いと思うので、その期待以上のものをライブで見せていきたいなと思っています。

もちろん技術的にもそうですけど、新体制での意志や気持ちをしっかり届けたいと心から思っています!

浜崎:そうだね。5年という大きな節目でもありますし、新体制になったということで、この先の明るい未来を少しでも見せることができたらいいなと思っています!

――ありがとうございます。あ、せっかくなので何か言いたげな上西さんもどうぞ。

上西:え~? 何か言いたそうな顔していました?(笑) 私も5周年だからといって過去を振り返るようなライブにはしたくなくて、未来に向けたライブにしたいと思っています。

これがまたスタートというか、6周年、7周年と続いていくSTORYの始まりという感じで、未来につなげるライブにしたいです!

高嶋:そうだ! みんな頑張ろうね!

一同:おお! ありがとうございました!(ザテレビジョン)

TPD