結成5周年!TPDが語る新体制、新曲、“その先”へ!(前)「まだかなえられてない夢がある」

東京パフォーマンスドールの高嶋菜七、上西星来、脇あかり、浜崎香帆、橘二葉、櫻井紗季(写真左から)

6人での新体制がスタートした、ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称:TPD)が、6月6日(水)に新体制第1弾となる7thシングル「Shapeless」をリリース。

【写真を見る】「Shapeless」っぽいポーズをリクエストしてみると…?

同曲は、既にテレビアニメ「BEATLESS」(MBS/TBSほか)の2クール目のエンディングテーマとしてオンエアされており、TPDファンのみならずアニメファンからもアツい支持を集めている。

そこで、6月には新生TPDとして結成5周年を迎える高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、橘二葉の6人にロングインタビューを敢行!

前・後編にわたって新曲の聴きどころや5周年への思い、そして新曲タイトルにちなんだ(!?)ちょっぴり変化球の質問にも答えてもらった。

■ TPD新体制への思い

――新体制になり、ライブも精力的に行われていますが、今の率直な心境を教えてください。

高嶋:メンバー3人が卒業して1カ月たちましたが、ライブ前の円陣を組む時、人数が少ないので「あれ? こんなに少なかったっけ?」って寂しく思うこともあります。

でも、今の自分たちができる精いっぱいのパフォーマンスを見せるために、前向きに頑張っています。

――1カ月はあっという間でしたか?

一同:あっという間でした!

浜崎:いまだに集合した時に「これで全員そろったんだっけ?」って思うことはあります。寂しさには慣れてきたつもりなんですけど…。

高嶋:確かに。あと今いるメンバーは年上組が多くて、落ち着きは出てきたかもしれないね。

橘:(最年少の)私の同い年3人が卒業しちゃったので…。

高嶋:それもあって、全体的に楽屋はゆとりがある感じです(笑)。

浜崎:今までは動物園って感じだったしね(笑)。

橘:ガヤガヤしていたもんね。

高嶋:逆に今は“ママ友会”のような感じで、ゆっくりとした時間が流れています(笑)。

――「大人の女性のグループ」のようになってきたということですか?(笑)

浜崎:楽屋の雰囲気は…そうですね(笑)。

――え? 上西さんが笑っていますけど(笑)。

上西:いえいえ。楽屋の雰囲気だけは大人ですよ(笑)。

――そして6月に結成5周年ということについてはいかがですか?

一同:早い!!

上西:そこまで意識したことなかったのですが、地元に帰ったとき、友達に「デビューして何年になるの?」と聞かれて答えると、「もうそんなにたつんだ!」って反応が返ってきて。

そう言われると長いんだなと思ったり、まだかなえられてない夢がいっぱいあるな…と少し焦ったりします。

脇:確かに私もTwitterやグループのSNSを見てくれている友達に「もう5周年、5年目かー!」って言われることが多いですね。

■ 「Shapeless」の聴きどころ

――そんな中、最新シングル「Shapeless」がリリースされます。最初に「Shapeless」を聴いた時にどう思ったのか皆さん教えてください。

高嶋:「Shapeless」という曲を聴いた時、今までの私たちにはあったようでなかったような曲調だなと思いました。

今回は歌い方が優しいんですけど、私は歌い出しを担当させていただいているので、最初の印象ってとても大切だなと思っていて…。

優しく歌うためにいつもと違う歌い方をして、自分の中でもこれまでにない感覚でしたし、新しい発見がありました。私にとって「Shapeless」は“新しい発見”の曲です。

橘:世界観のある曲だなって第一印象は思いました。アニメのテーマに沿った歌詞になっているので、すごくアニメとリンクしている部分があって、大好きな曲です。

浜崎:私も初めて聴いた時、リーダー(高嶋)が言ったように今までの東京パフォーマンスドールにはあったようでなかった楽曲だなと思いました。EDMベースの曲は今までもあったのですが、ここまできらびやかな曲はなかったので。

結成5周年を迎えて、6人の新体制ということでいいスタートが切れそうだなと思う一曲になりました。

上西:私も今までにないって思ったからこそ、どう歌えばいいんだろうと悩みました。東京パフォーマンスドールは割と力強く歌う楽曲が多かったので、最初はどうやって歌えばいいんだろうというのが初めて聴いた時に抱いた印象でした。

櫻井:今回、アニメ「BEATLESS」のエンディングテーマというタイアップを頂いて、作品に寄り添った歌になっているんですけど、初めて聴いた時は歌詞のたとえがすぐにはちょっと理解できませんでした。

じっくり考えてみて、歌詞が今までの表現の仕方や言葉のチョイスと違っていて、独特の良さがあるなと感じました。

脇:最初聴いた時「めっちゃ深い曲きたな!」と思いました。歌詞を見てもそうですし、考えれば考えるほど難しい。そういった感情の動きについては、特に考えさせられました。

■ 上西は歌い方の“癖”に苦戦

――レコーディングで苦労したことなどはありますか?

浜崎:優しく歌いつつも強い気持ちを歌声に乗せる、という部分が難しかったです。

今までの私たちは曲調も強かったので、気持ちを乗せやすかったところはあったのですが、今回は優しい感じだったので、強い意志を込めるというのが難しかったです。

上西:私の歌い方って癖があって、「か行」がストレートに歌えなくて…。口を横に開けたような音になってしまうんですが、「その癖をなくして」ってディレクターさんに言われてしまって、それを直すのが難しかったです。

――その癖は知らず知らずのうちにできていたんですか?

上西:そうなんです。デビュー当時から知らず知らずのうちになった癖なんですけど、「この曲には合わないから直して」って言われてしまい、それを直すのが難しかったです。

――そして衣装もすてきですが、今回の衣装で気に入っているところを教えてください

橘:個人的にいつも私はパンツスタイルが多かったんですけど、今回はワンピースなんですよ! いつもと衣装の形からして違うので、とても気に入っていますし、テンションが上がりました。私はあまりスカートを着せてもらえないので(笑)。

――私服はワンピースが多いんですか?

橘:いえ、多くないです…。でも、衣装でワンピースが着られてめっちゃうれしいです!

脇:あとラインが入っているよね、縦の白い模様が入っていておしゃれだよね。

浜崎:うん。白とシルバーって好き。

櫻井:私のはめっちゃVが入っていて、ファンの方に「ウルトラマンなの?」って言われました(笑)。

――世代を感じるな(笑)。ちなみに衣装って、今回に限らず「こういうのが着たい」というオーダーはあまり通らないものですか?

浜崎:通る時もありますよ。今回の二葉が「パンツじゃなくてワンピースがいいです」って言ったらワンピースになったように、半々くらいですね。

高嶋:そういうパターンの時もあるんですよね。

櫻井:全体的なデザインは決まっているんですけど、細部に関しては踊りやすさやメンバーの意見など考慮してくれて「どういうのがいい?」ってそれぞれ聞かれて、私はパンツがいいので「絶対パンツでお願いします!」とお願いしました。

おなかを出さずにパンツで!って(笑)。前作ではおなかを出したので、今回は出さない!って決めていました。

浜崎:いや、そんなん言ったら私は毎回おなか出ているから(笑)。

櫻井:それはしょうがないよ。腹筋あるから(笑)。

■ 浜崎×橘が語る「BURN ME OUT」

――なるほど(笑)。続いて、いろいろ収録曲があるので1曲ずつ伺います。浜崎さんと橘さんによる「BURN ME OUT」について、お二人から聴きどころをお願いします。

浜崎:これは「Shapeless」と全く逆といっていい曲調です。今までユニット曲や他のソロ曲などいろいろありましたが、その中でも新しいですね。

歌を聴かせるというのももちろんあるんですけど、パフォーマンス力と表現力で勝負する楽曲です。とにかく格好良くワイルドに。

橘:練習もいっぱいしたよね。

浜崎:ここ(橘)の2人のペアが初めてなので特に練習しました。

橘:めっちゃ練習を重ねましたよ。

浜崎:安室奈美恵さんなどもやられているWARNERさんっていう初めての振付師さんに手掛けていただき、激しいし、これ6時間くらい練習やったよね?

橘:そう! 6時間も練習したんですよ!

浜崎:次の日筋肉痛すごかった (笑)。

橘:うん(笑)。

――6時間って普段に比べて長いんですか?

一同:長い!

浜崎:1日に1曲を6時間というのは長いですね。

――続いてリーダーから「Kiss x Bang Bang!」のポイントを!

高嶋:「Kiss x Bang Bang!」は、今まで東京パフォーマンスドールって恋愛の曲自体がそんなになかったんですけど、これは王道なラブソングです。

これまでに女の子が片思いで好きな人を射止めたいという歌詞の曲はあったんですけど、今回は両思いのラブラブな曲で、レコーディングの時から「うわ、ラブラブだなー」と思いながら歌っていました(笑)。

でも歌詞がすごくかわいくて、恋愛中の人はみんな共感できると思います。ぜひ女の子に聴いてほしい1曲ですね。

――では「SHINY LADY」について。以前「30問30答」取材の時にお気に入りの曲だと仰っていた櫻井さんお願いします

櫻井:そっか、言ったかも(笑)。最近もほぼ毎日欠かさず聴いているんですけど、初めて聴いた時に歌詞に衝撃を受けました。

なるほど、って教えられた気分で。それに、この曲を初めて披露した時、ファンのみんなが前から知っていた曲のように一緒に振りをやってくれて、手を振ってくれて盛り上がったので、忘れられない曲になりました。

――そして「あなたに逢いましょう」。こちらはユニット“赤の流星”のお二人にお聞きしたいです。

上西:この曲は私たちのファーストワンマンライブのテーマと言いますか、題名にもなりました。

曲自体は自分が恋愛する相手をずっと追い求めましょう、というか探し続けようという感じになっているのですが、ライブをしている私たちとしてはファンの方々に「私たちと出会ってくれてありがとう」という気持ちを込めて歌っています。

脇:そうですね、ライブ中は私も星来ちゃんと同じ気持ちで歌っています。楽曲としては、出会うチャンスはどこにでも転がっているから、出会いを探して日々頑張っていこうという、勇気づけられる曲だなと思います。

――ありがとうございました。ここからは個別に質問します。まず、浜崎さん。「ZIP!」(日本テレビ系)のレギュラー出演が4月から始まりましたが、番組の雰囲気はいかがですか?

浜崎:めちゃくちゃいいですよ! 私が勝手にバラエティーや朝の情報番組に恐れていて、常にバタバタしているんじゃないかとか、皆さん怖い方ばかりなんじゃないかって思っていたんですけど…。

スタジオにいらっしゃるスタッフさんも出演者の方々もすごく朝から爽やかで、元気で、いい雰囲気の中でご一緒させてもらっています。先輩方も最初から話し掛けてくださったので、すぐになじめました。

――ロケで心掛けていることはありますか?

浜崎:朝の番組なので、皆さんに良い気分で朝を過ごしてもらえるように、爽やかな感じでいけたらと思っています。

――ちなみに朝はお得意ですか?

浜崎:得意…になりました!(笑) ただ私の場合は、朝というより深夜に“出勤する”感じなのですが、朝見てくださる皆さんのために爽やかさを心掛けています。

【「結成5周年!TPDが語る新体制、新曲、“その先”へ!(後)」へ続く。同記事は6月3日(日)朝8時公開予定】(ザテレビジョン・取材協力=月山武桜、小野寺茉琴)

新体制