日大アメフト迷司会 妻は赤坂高級料亭の女将【全文公開】

ワシントン特派員の経験もある日大広報部顧問・米倉久邦氏

「あれは酷かった。『共同通信の社長候補だった』という触れ込みで、マスコミ対応を任せていたのに……」

 日大関係者がこう嘆くのは、一躍注目を集めた広報部顧問・米倉久邦氏(75)の迷司会っぷりだ。

◆ ◆ ◆

 5月23日の内田前監督、井上前コーチの釈明会見。米倉氏は「キリがない」と質問を打ち切り、記者から「日大ブランドが落ちてしまう」と抗議の声が上がると、「落ちません!」と言い放ち、批判を浴びた。

 実は会見前日、小誌が内田氏の起こした過去のトラブルについて日大に確認を求めると、米倉氏は次のように回答していた。

「事実関係ったって、そんな古いのはわかんねえよ。アンチの人たちが言ってる質問なんて。難しいね、へへへ(笑)。週刊誌はしょうがないですよ」 本文:1,192文字 写真:1枚

全文公開