大物警察OBが出席 日大「危機管理学部」式典の記念写真

5/30(水) 16:00配信

日大本部 ©文藝春秋

 2016年、創立130周年事業の一環として新設された日大の「危機管理学部」。同年4月2日、渋谷区内のホテルで開かれた開校祝賀会には国松孝次元警察庁長官、元警視総監の野田健氏、警察官僚出身で前衆議院議員の亀井静香氏らが参加。「週刊文春」取材班は祝賀会で撮影された写真を入手した。

【動画】暴力団との親密写真を「合成ですよ」と否定する田中理事長

 壇上に近いメインテーブルに彼らは顔を揃え、国松氏の隣には日大の理事長である田中英寿理事長(71)の姿もあった。

 悪質タックルをめぐっては現在、警視庁が捜査中だが、逆に、大物警察OBが関わる危機管理学部の存在そのものが事件捜査の“重石”となる危険性を孕んでいる。

 亀井氏は、小誌の取材に対し、語気を強めて反論する。

「日大だからといって捜査を手加減しなきゃいけない理由はない。警察は粛々と捜査をやりますよ。傷害罪になるのかどうかは分からないけどさ。もともと危機管理学部は、俺が田中理事長に『俺がお前の用心棒になってやるから、お前は用心棒を作る学部を作れ。今の時代、危機管理学部を作らにゃいかん』と言って作らせたんだ。彼は相撲取り上がりのなかなかのナイスガイですよ」

 一方の国松氏も学部設立の経緯をこう語る。

「旧知の亀井君から『人集めを手伝ってくれ』と言われ、学部の設立に関わりました。亀井君とは大学は同期で、入庁は彼が一期下です。私はその設立理念に賛同したから手弁当で参加しただけです。提言書を提出して以降は一切関わっていません。一度、田中夫妻がやっている阿佐ヶ谷のちゃんこ店にみんなで集まったことがありますが、田中氏とは個人的な付き合いはありません」

 5月31日(木)発売の「週刊文春」では、悪質タックル問題での内田正人前監督(62)らに対する捜査状況や、内田前監督と田中理事長との人事をめぐる“暗闘”など、8ページにわたって日大を特集している。

「週刊文春」編集部

【詳しくはこちらでお読みいただけます】

【関連記事】

  • 【動画】厳戒態勢5・29 日大・田中理事長を追う《予告編》
  • 日大会見“迷司会”米倉久邦氏の妻は赤坂高級料亭の女将だった
  • 日大アメフト部内田監督「14分の自供テープ」を独占公開
  • “日大ブランド”司会者を直撃すると「下げてしまったら申し訳ない」
  • 最悪だった日大アメフト部・内田前監督の記者会見を決定付けた「ピーク・エンドの法則」
記念写真