飯豊まりえ演じるメグリンに「カッコいい」と称賛の声 『花のち晴れ』

メグリンを演じる飯豊まりえ

 女優の杉咲花が主演を務める『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が29日に放送され、飯豊まりえ演じるメグリンが、晴(平野紫耀)の父に言い放ったセリフに対し、SNS上では「カッコいい!」「好感度上がってきたーーー(笑)」などの反響が巻き起こった。

【写真】メグリンを演じる飯豊まりえ

 音(杉咲)は婚約者の天馬(中川大志)から桃乃園学園への転校を勧められる。天馬からの「音を守りたい」という言葉がうれしいものの、晴(平野)からの告白が忘れられない音は、心にモヤモヤを抱えていた。

 一方、音にフラれた晴は落ち込むものの、父・巌(滝藤賢一)から食事に誘われ、ようやく認められたとうれしくなる。しかし、それはホテルチェーンの娘であるメグリン(飯豊)との婚約話を進めるためだった。

 父・巌からの誘いでスーツを新調し、二人で食事へと向かう晴。尊敬する父からようやく認められたと喜ぶのもつかの間、食事の席に現れたのは、メグリンとその父親だった。

 自身のビジネスのために強引に婚約を結ばせようとした巌から「お前程度の男にはもったいない女性だ」と言い捨てられる晴。目の前でその言葉を聞いていたメグリンは「言っときますけど私、婚約なんてしませんから! 私はちゃんと自分の力で晴くんの心を手に入れます!」と宣言。晴の手を取って、その場から立ち去った。これに視聴者からは「メグリン最高」「めぐりん好感度上がってきたーーー(笑)」「めぐりん、カッコいい!」など賞賛の声がネット上に投稿された。

 英徳学園の栄光を取り戻すために、“庶民狩り”を再開した晴だったが、劇中のクライマックスでは、庶民狩りの対象となった女子生徒を、体を張って守った。晴は生徒の前で「庶民狩りなんかしなくたって俺が英徳の品格を取り戻す!」と約束。このシーンにSNSでは「また一つ偉くなった」「晴くん大人になったね…かっこいいよ」「やばい、なける」などの投稿が寄せられた。

【関連記事】

  • 【写真】飯豊まりえ、初の写真集に感慨 下着姿に大照れ
  • 【写真】西野七瀬の誕生日を飯豊まりえがお祝い「電影少女コンビ」にファン歓喜
  • 【写真】杉咲花&中川大志&飯豊まりえ、『花晴れ』豪華3ショットを披露
  • 平野紫耀の“告白”が「切なすぎて泣ける」 『花のち晴れ』6話
  • 中川大志、王子様キャラ“天馬くん”がトレンド1位に『花のち晴れ』5話
飯豊まりえ演じるメグリン