加藤浩次 西城秀樹さん葬儀の配布品転売に「浅ましい行為」

西城さんの葬儀に多くのファンが集まった

 加藤浩次(49)が29日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」に出演。西城秀樹さん葬儀のお礼の品がオークションサイトに出品された騒動に対し「浅ましい行為」と発言した。

 5月25、26日に青山葬儀所で営まれた通夜・告別式で一般参列者に配られたのは礼状、お清めの塩のほか、「ありがとう」と印刷されたポストカード、コンサート写真、バーモントカレーなど。25日夜から複数のオークションサイトに出品され、100万円を超える入札もあった。番組ではオークション業者を直撃。業者は「葬儀でお礼の品を入手していない」「出品代行をしている」と持ち込まれた物と説明。ネットで批判が高まり、出品を取りやめたが、それまでに4品が1万8000円から5万円で落札されたという。

 今回の行為に対しコメンテーターから「糾弾するのはどうか」「どうするのがいいか考えるべき」など容認とも取れる発言もあったが、加藤は「香典返しとしていただいた物をオークションに出して利益を上げるという、浅ましい行為って許されていいんですかね?」と指摘。さらに「俺はずっと、なんだろうなと思うんだけど」と首をかしげながら「いただいた物で、自分にとっていらない物ってありますよ。たとえば結婚式の引き出物で名前が入っているカップとかね。いらねえな、と思うけど、喜んでもらいたいという思いで、こっちにくれてるわけじゃない。その物でお金儲けするっていうのは、正論言い過ぎてるかもしれないけど、俺はイヤですね」とキッパリ。「これ(お礼の品)を売ったら、誰か欲しい人いるの? 高く売れるのかというのは、くれた人の気持ちを考えていない。買ったんだったらいいけど、そこがない世の中って、どうなんだろうと思います」と語気を強めた。

 別のコメンテーターは「悲しみの中で、儲けようとしていることが嫌悪感を増長させてしまう部分がある」と発言。加藤は個人的な意見として「僕は絶対的にイヤですね」と締めくくった。

【関連記事】

  • 濱口優が結婚生報告 新婚旅行は「ベタなところでハワイに行きたい」
  • 木梨憲武 アート活動のきっかけは「生ダラ」
  • 加藤浩次 ハリル電撃解任に「チーム内が良くない状態だったのか」
  • 加藤浩次 後輩を成功させる秘訣は“逆張りスタイル”
  • 加藤浩次 、 西城秀樹 、 オークションサイト を調べる
東スポWeb