和田アキ子、新曲が自身最高の順位を記録! その裏には…

和田アキ子

 歌手の和田アキ子(68)が27日、ラゾーナ川崎で、BOYS AND MEN 研究生(以下、ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」発売を記念してミニライブを行ったことを、各スポーツ紙などが報じた。

 各紙などによると、和田が商業施設で歌唱するのは芸能生活50年目にして初めて。購入者特典として人生初のハイタッチ会も行ったという。

 和田はボイメン研究生10人とともにステージに立つと、満員の観客を前に「和田アキ子をこういうところで見るの、珍しいよ」とジョーク。

 リハーサルなしの一発勝負での歌唱とあって、「一曲入魂で頑張ります!」と宣言。生ライブ初披露となる同曲を堂々と熱唱したというのだ。

 ボイメン研究生とのコラボは、昨年10月25日から始まったデビュー50周年イヤー企画の一環として実現。

 オリコンデイリーランキングでは、自身最高の初登場2位を記録。

 オリコン週間ランキングは1971年発売の8枚目のシングル「天使になれない」の8位が最高で、記録更新は確実となったというのだが…。

 「自身の発言が原因でイメージダウンした影響もあってか、ここ数年はシングル・アルバムを発売しても売り上げが1000枚にも届かなかった。昨年10月にはデビュー50周年記念ベストアルバムを発売したものの、オリコンランキング最高位は239位。ところが、『愛を頑張って』は発売初日に8・7万枚も売り上げてしまった。とはいえ、ボイメン人気に助けられてのもの。和田の“実力”ではないが、和田は上機嫌なので周囲は胸をなで下ろしているはず」(芸能記者)

 15年以来の紅白返り咲きなるか?

【関連記事】

  • 和田アキ子、TOKIO・山口へ「酒に謝れ」 ネットでは厳しい声も
  • 和田アキ子、メカ音痴なのにLINEを始める 後輩芸人は呼び出しが増えそうで怖い?
  • TOKIOメンバーへの“同情票”集まる? 島茂子、ブレイクなるか
  • 【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】椎名林檎と噂された男たちは、妻帯者ばかり?
  • 一時は200万円以上の高値に! 西城秀樹さんの葬儀配布品、転売者に批判殺到
記録