ゲキレンジャーからゴーカイジャーまでのスーパー戦隊ヒロインが座談会「かけがえのない仲間」

 スーパー戦隊のヒロインたちの活躍シーンを編集した『新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2002-2006編[ハリケンジャー-ボウケンジャー]』と『新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2007‐2011編[ゲキレンジャー-ゴーカイジャー]』の2タイトルのBlu-rayが、2018年10月3日に同時発売されることが決定した。

【写真】新スーパーヒロイン図鑑 2002-2006編の座談会出席者。

 収録される対象作品は、2002年の『忍風戦隊ハリケンジャー』から、2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』までの10作品より、ヒロインの活躍が印象的な5本のエピソードを、演じたキャストや、当時のプロデューサー陣の意見なども取り入れて、話数をセレクト。1タイトルにつき5話、計25本(5作品×5)のエピソードを、2つのBlu-rayでボリュームたっぷりに収録する。

 今企画の目玉となる映像特典として、各作品のヒロインキャストが一堂に会した『伝説の「スーパー戦隊ヒロイン」座談会』を新規収録。当時の思い出話や、今だから話せるエピソードをたっぷりと語り下ろしている。ここでは、『新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2007‐2011編[ゲキレンジャー-ゴーカイジャー]』の座談会に参加したキャストのコメントを紹介する。

■『新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2007‐2011編[ゲキレンジャー-ゴーカイジャー]』キャストコメント

にわみきほ「同じ作品に出ていたわけじゃないのに、こうやって話していると、本当にみなさんとは『仲間』なんだなって思えました。スタッフさんや、JAEのスーツアクターさんたちを通じて、知らず知らずのうちにつながっていたというか」
森田涼花「みなさんと会ってみたかったので、うれしかったですね。あらためて、自分にとって戦隊に出演した経験は宝物だなと思いました」
平田裕香「戦隊の現場で、1年かけて育てていただいて、かけがえのない仲間まで持つことが出来ました。これって、戦隊に出ていなければ分からなかったことなので、わたしたちはとてもラッキーだったんだなと」
杉本有美「厳しい面も当然ありますけど、戦隊を経験したから、他の現場でちょっとくらい大変なことがあっても、それが苦じゃないんですよね。それに、番組が終わっても、ファンの方が続けて応援してくださったり。歴史のあるシリーズの中で自分の演じた役の存在が残り続けるというのは、本当にうれしいです」
小池 唯「わたしはもともと保育士になりたかったくらい、子どもが好きなので、戦隊シリーズに出演して、ときどき子どもたちと触れ合えたことがとても幸せでした」
にわみきほ「今もずっとシリーズが続いているというのが、やっぱりうれしいですね。毎週、日曜日の朝には、いちばん新しい戦隊ヒーローと会える。いずれ50代目の戦隊が登場するのかなと思ったら、ワクワクしますね」
杉本有美「話しているうちに、いろいろと思い出してきましたし、みんなの作品も観たくなりました。どのシリーズも50話くらいあるから、全部だと大変だけど…(笑)」
平田裕香「ではこの後、お互いにオススメの話数を教え合いましょう」

<出演者> 写真左より
●平田裕香 『獣拳戦隊ゲキレンジャー』メレ役
●杉本有美 『炎神戦隊ゴーオンジャー』ゴーオンシルバー=須塔美羽役
●森田涼花 『侍戦隊シンケンジャー』シンケンイエロー=花織ことは役
●にわみきほ 『天装戦隊ゴセイジャー』ゴセイイエロー=モネ役
●小池 唯 『海賊戦隊ゴーカイジャー』ゴーカイピンク=アイム・ド・ファミーユ役

【関連記事】

Let's block ads! (Why?)

スーパー戦隊ヒロイン