大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』が公開……ブレークによるお金の使い道は「ステーキです」

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』(5月26日公開)

俳優・大谷亮平が、5月26日より公開の映画『ゼニガタ』で映画初主演を果たす。彼が演じるのは、表向きは居酒屋経営者、裏では超暴利で金を貸しつける闇金屋の銭形富男役。ハードボイルドなダークヒーロー役にどのように向き合ったのだろう?

【予告編映像】大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』(5月26日公開)>>

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』が公開……ブレークによるお金の使い道は「ステーキです」(トレンドニュース(GYAO))

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』(5月26日公開)

■暴力が日常のアウトロー役演じる

ひなびた漁港の路地裏の一角で、ひっそり営む居酒屋「銭形」。この店は、深夜0時になると、“トサン(10日で3割)”という違法な高金利で金を貸し、苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋へと変わる――。本作で大谷は、日本の映画初出演にして初主演を果たす。恋愛モノのイメージが強いだけに、少々意外に感じられる役柄だ。

「配信ドラマなどでは、サスペンス系の作品で、爽やかとは対極の役も演じていたので(笑)。だから自分としては、銭形富男という役をすんなり受け止められたんですが、世間のイメージとしては新鮮みたいで、『意外ですね』ということは結構言われます」

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』が公開……ブレークによるお金の使い道は「ステーキです」(トレンドニュース(GYAO))

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』(5月26日公開)

富男は、ただビジネスとして金を貸すだけでなく、人生のどん底にある債務者たちの人生にも踏み込んでいく。ある種、神のような存在である富男を中心に、人間同士が悲喜こもごものやり取りを繰り広げる。そんな独特の役柄を演じる上で、大谷が意識したのが「ブレない」ことだ。

「1本筋が通っていること。それは、キャラクターの内面としてもそうですし、映画全体を見たとき、富男という男が中心を貫く鉄柱のような存在感を放っていたいという思いでもあります」

ということは、抑え気味の静かな演技を心掛けたのだろうか?

「抑えるというよりは、富男にとっては、暴力も何もかも日常なんだという意識で演じました。取り立ての中で危険なことが起きても、普通なら出会わないような人間に遭遇しても、彼にとってはそれが日常。スペシャルなことではない。だから感情の起伏があるわけでもなく……という意識ですね」

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』が公開……ブレークによるお金の使い道は「ステーキです」(トレンドニュース(GYAO))

大谷亮平、初主演映画『ゼニガタ』(5月26日公開)

とはいえ、富男は常にポーカーフェイスなわけでもない。弟である静香(小林且弥)が絡むとき、彼は感情をのぞかせる。大谷にとっても、静香をめぐるシーンは印象深いものらしい。

「お金の呪縛から抜けられない弟のことを、どうにかしてやりたい気持ちがある。物語終盤になると、そういう感情が表に出てきます。いろいろ考えて演じたシーンなので、自分としても印象に残っています。闇金というテーマに怖さを感じる方もいるかもしれませんが、人間がもがきながらも打開策を見つけようとする姿は滑稽でもあり……。笑いもある作品なので、気楽な気持ちで幅広い層の方々に見ていただきたいと思っています」

次ページは:■ブレークしても2年前と生活変わらず

1/3ページ

【関連記事】

  • “カトパンそっくり芸人“、22kgの減量に成功......ビフォーアフター写真に驚き>>
  • 東野幸治らが手を焼いた酒癖の悪すぎる芸人>>
  • 女芸人がプロレスラーに転向したら......ぽっちゃり体形が激変>>
  • 吉本興業の文化人枠 エド・はるみの抽象絵画、腕前は>>
  • 見た目そっくりな羽生結弦モノマネ芸人とは>>
GYAO