NMB48がSNSフォロワーと協力して謎を解く NMB48主演の視聴者参加型ソーシャル探偵ドラマ配信

 NMB48のメンバー・吉田朱里、太田夢莉、谷川愛梨、岩田桃夏、佐藤亜海、山本望叶が主演する視聴者参加型ドラマ「ソーシャル探偵 ××と××」が31日、大阪チャンネルにて独占配信される。

【写真】NMB48第6期生募集にメッセージを寄せた山本彩加

 ドラマは、誘拐されたNMB48メンバー・イワタモモカを助けるため、NMB48メンバー6人が二人一組となり、誘拐犯から届く不可解なミッションをSNSフォロワーと共にクリアしていくソーシャル探偵ドラマ。

 メンバーはドラマ撮影の当日、本人たちが通常使っているSNSの実際のフォロワーに、ミッションをクリアするための協力を求めます。メンバーはフォロワーとリアルタイムにコミュニケーションを取りながら、“ソーシャル探偵”となって、イワタモモカを助け出そうと行動。ドラマの脚本は、SNSのやり取りに応じて、その都度書き換えられていく。

 脚本を手掛けるのは、芸人として活躍しながらドラマ脚本や映画監督までこなすNON STYLE・石田明。企画は、テレビ番組やライブイベントなど様々な領域で新しいインタラクティブ体験をデザインしてきた、バスキュール・原ノブオが担当する。

■「ソーシャル探偵 ××と××」プロローグ

とある撮影スタジオに集められたNMB48メンバー、アカリ、アイリ、ユーリ、アミ、ミカナ。そしてYouTuberのサァヤ。青春ドラマの撮影と聞かされていた彼女たちの目の前に突如、拘束されたイワタモモカが映し出され、姿を現す謎の誘拐犯“犬男”。不可解な要求をしてくる犯人の真の目的は何なのか? イワタモモカを救い出すために100万人のフォロワーたちに協力を求め、6人の“ソ-シャル探偵”が、いま立ち上がる。

【関連記事】

Let's block ads! (Why?)

視聴者参加型ソーシャル探偵ドラマ