「花晴れ」で杉咲花をイジメる今田美桜「監督から『もっともっと』と言われます」【花晴れ連載】

神尾葉子の人気漫画をドラマ化した「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(毎週火曜夜10:00-11:07TBS系)で英徳学園のC5メンバーの紅一点・真矢愛莉を演じている今田美桜。第3話までの放送では、かわいらしい見た目とは裏腹に、音(杉咲花)と晴(平野紫耀)の仲に嫉妬し、音が隠れ庶民であることを全校生徒に暴露したりと、意地悪モード全開の愛莉。演じている今田が愛莉役への思いやドラマ現場の裏側を明かしてくれた。

【写真を見る】イジメ役を演じる今田のナチュラルスマイルSHOT/撮影=カノウリョウマ

――愛莉の意地悪について、どう感じていますか?

台本を読んで、第1、2話の愛莉は怖いな〜って思ってました。第3話、第4話(5/8火放送)は、もちろんいじわるな部分がエスカレートする話でもあるけれど、愛莉の晴への一途さや切なさが描かれているので、意地悪よりも切ないなっていう気持ちの方が大きかったですね。こんなに晴を思ってたんだって。本当に晴のことを大好きだからこそ、音に対して嫉妬心が出てしまって、「晴を取らないで」という気持ちなんですよね。そういう気持ちは、分かる気がします。女の子なら、分かるんじゃないかな。ただ、愛莉はその表し方がすごいですけどね(笑)。それだけ晴のことが好きだという裏返しだと思っています。

――そんな愛莉を演じるにあたって、監督からはどんなことを言われました?

監督には、愛莉はすごい怖いけど、ぶりっこなところがあるので、そこの差は180度変えたいと言われました。1シーンの中でも、怖い部分と、「ね、晴♪」みたいなかわいい部分。晴が答えてくれないとすごく不機嫌になったりとか、あからさまなので、180度、気分の波を変えるようにしています。監督からは「もっともっと」とよく言われます。「もっとか〜」と思って、そこはすごく頑張らなくちゃと思っています。一番大変だったのは第2話のキューピット像を破壊するシーンで、海斗(濱田龍臣)を追い詰めるところですかね。ネクタイをつかんでつるし上げたんですけど、普段の生活ではもちろんやったことはないですし(笑)。私より海斗の方が大変だったと思うんですけど、そこはすごく印象的でした。

■ 愛莉とはどうやって仲良くなればいいんだろう(笑)

――現実に愛莉がいたら友達になれますか?

どうだろう〜(笑)。愛莉を止める子がいないので、止める友達になりたいなと思います。上手に止めないと、難しいですよ。愛莉は一人で突っ走っちゃうから。止める友達にはなりたいけど、どうやって仲良くなればいいんだろう(笑)。妄想が広がりますね。音ちゃんとは、第4話で距離が縮まるところがあるので、そこは楽しみです。今まで愛莉は音をずっといじめていたので、そこはほっとしました(笑)。

――現場の雰囲気はどんな感じなんですか?

同世代なので、現場は本当にわきあいあいとしています。みんな何となく役割が決まっていて、晴がとにかく天然過ぎて、それを海斗がツッコむ、そこからどんどん広がって、杉丸(中田圭祐)がずっとふざけてたりとか。私や一茶(鈴木仁)はニコニコしているポジションです(笑)。(杉咲)花ちゃんには最近すごくハマっているという大食いの人の動画を教えてもらったり、ドラマ内ではいろいろありますが(笑)、すごく仲良くさせてもらっています。

――ドラマ内では、音を巡って晴と天馬(中川大志)の三角関係が描かれますが、今田さんは晴と天馬、どちらがタイプ?

どちらも魅力的なんですけど、晴の不器用さがすごくいいなと思いますね。でも、第4話で、天馬の本音が出て、不器用なところも見れるので、どっちかな〜って迷うところですね。

■ 高校時代は福岡で過ごした今田

――自身の高校時代はどんな学生でした?

高校は福岡だったんですけど、放課後は売店で100円で売っているポテトとから揚げを買って1〜2時間おしゃべりしたり、自転車通学だったので、ゆっくり漕ぎながらみんなで帰ったりしていました。私が通った高校も制服はブレザーだったんですけど、愛莉のブレザーはオーダーメイドなので、すごくいい生地でできているんです。スカートとかフワフワで、すごく気持ちいいんですけど、撮影の度に汚しちゃいけないって緊張しますね(笑)。

――最後に、今後の見どころを!

愛莉の行動がエスカレートしますが、切ない部分もあったり、C5の絆と、音との距離も展開するのでそこはぜひ見てほしいと思います。音と晴と天馬の三角関係も展開があるので、そこも見どころだと思います!(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

今田美桜