“視聴率”圏外の2作品が“視聴熱”TOP3にランクイン!ドラマ週間“視聴熱×視聴率”ベスト10

WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。4月16日〜4月22日のドラマ週間視聴熱ランキングトップ10を発表した(※)。

【画像を見る】二宮和也主演「ブラックペアン」や田中圭主演「おっさんずラブ」、「花のち晴れ」の原点「花より男子」もランクイン!

1位にランクインしたのは「花のち晴れ〜花男Next Season〜」(TBS系) 。神尾葉子の大ヒットコミック「花より男子」の新章を、杉咲花主演でドラマ化。4月17日に初回放送を迎え、平均視聴率は関東地区では7.4%だったが、関西地区で12.4%、名古屋地区では12.0%を記録した(ビデオリサーチ調べ)。放送翌日には中川大志がブログを更新し、第1話を平野紫耀と一緒にリアルタイムで観たことを報告した。

2位には「ブラックペアン」(TBS系)がランクイン。海堂尊の小説を原作に、二宮和也が主演を務める医療ドラマが4月22日にスタート。ダークな天才外科医を体現した二宮に「黒ニノ」「悪ニノ」と呼び名がつけられ、視聴者からの称賛が集まった。中でも、世良(竹内涼真)の胸に血まみれの手で手形をつけた場面は、同日昼に放送されたナビ番組で二宮のアドリブだったことが明かされており、「ゾクっとした」と大きな反響を呼んだ。

3位を獲得したのは「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)。男性同士の純愛を描くドラマで、4月21日に第1話が放送された。2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送されたときと同様、SNSで大きな盛り上がりを見せた。春田(田中圭)に対してピュアな乙女心を隠し持つ黒澤(吉田鋼太郎)のかわいさや、春田のシャワー中に乱入してきた牧(林遣都)がキスを迫るシーンなど、爆笑しつつもキュンとする展開に視聴者がくぎ付けとなった。

視聴率ベスト3は、1位 「半分、青い。」(NHK総合) 、2位「特捜9」(テレビ朝日系)、3位「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)となり、前週と同じくテレビ朝日系の刑事ドラマが2本ランクインする結果となった。4位〜10位の視聴熱および視聴率ランキングは以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

■ 4月16日(月)〜4月22日(日) ドラマ視聴熱ランキング

1位「花のち晴れ〜花男Next Season〜」(TBS系 4月17日) 117,403pt

2位「ブラックペアン」(TBS系 4月22日) 61,235pt

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系 4月21日) 51,517pt

4位「花より男子」(TBS系) 27,951pt

5位 連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか 4月16〜20日) 27,557pt

6位「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系 4月16日) 24,594pt

7位「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系 4月17日) 21,894pt

8位「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(フジテレビ系 4月19日) 17,751pt

9位「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系 4月22日) 16,445pt

10位 大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合ほか 4月22日) 15,694pt

■ 4月16日(月)〜4月22日(日) ドラマ視聴率ランキング

1位 連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合 4月16日、18日) 20.3%

2位「特捜9」(テレビ朝日系 4月18日) 15.4%

3位「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系 4月19日) 14.7%

4位「ブラックペアン」(TBS系 4月22日) 13.7%

5位 大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合 4月22日) 13.4%

6位「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系 4月19日) 12.8%

7位「正義のセ」(日本テレビ系 4月18日) 9.9%

8位「森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄」(テレビ朝日系 4月22日) 8.7%

9位「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系 4月17日) 8.4%

10位「あなたには帰る家がある」(TBS系 4月20日) 8.1%

10位「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系 4月21日) 8.1%

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

視聴熱×視聴率