『やれたかも委員会』原作者がドラマ出演者を描いたイラスト公開

 22日からMBSを皮切りにスタートしたドラマ『やれたかも委員会』。恋愛ドラマ不毛の時代に、新しい恋愛ドラマのもととなったWEB漫画の原作者・吉田貴司氏は、描き下ろしのイラストを寄せて、地上波放送を祝福。また、主題歌は、堀内孝雄作曲、谷村新司作詞の名曲「君のひとみは10000ボルト」を、ドラマにも出演する女優の江夏詩織が、アーティスト「shiori(シオリ)」としてフレッシュな歌声でカバーする。

【画像】原作者・吉田貴司によるお祝いイラスト(残り3点)

 原作者によるイラストは4点。「Congratulations!」というメッセージを背負い、委員会メンバー3人が、「祝」「地上波」「放送」とそれぞれに札を上げている【お祝いイラスト】。30秒PR映像でも話題となった、何故か横たわる月綾子【白石麻衣】。どこか神々しく慈愛の表情を浮かべる能島譲【佐藤二朗】。PCを前に物思いにふけるオアシス【山田孝之】。いずれも原作とは違った魅力を放っている。

 ドラマのラストに流れる主題歌を歌うshioriは「オファーをいただいた時は、とにかくビックリしました。しかも『君のひとみは10000ボルト』とお聞きして、こんなにも歴史ある曲を私が…!?と、10万ボルトくらいシビれましたが、素直にとてもうれしかったし感謝の気持ちでいっぱいです。

 男性目線のこの曲を女性が歌うということで、初めはイメージが難しかったのですが、このドラマは全体的に女性が物語をリードしている印象があり、そういう女性のかわいさや駆け引き、強さをイメージしてレコーディングに臨みました。最後のエンディングまで楽しんでいただけたらうれしいです」とコメント。劇中では、「告白しちゃう問題」編に、チャーミングな女性・原ゆり子役で出演する。

■エピソード0 特別編〜「やれたかも」の夜明け〜

 「やれたかもしれない夜は人生の宝です」「すべてのモテない男性にエールを送りたい」とアツく語る、武道着姿の能島譲(佐藤二朗)、紅一点の月綾子(白石麻衣)、ミュージシャンのオアシス(山田孝之)によって構成される「やれたかも委員会」。彼らのもとには、厳正なる審査を通過した相談者が訪れる。そのやりとりをカメラが追い、謎に包まれた委員会の活動に密着。相談者の告白をもとにした検証シーンや、委員会メンバーの素顔にも迫っていく。彼ら自身の「やれたかも」エピソードも公開。

■エピソード1「山なみ編」

 「やれたかも委員会」からの招待を受け、増田伸照(間宮祥太朗)は山に囲まれた地方都市で高校生だったある日の「やれなかった」想い出を語り始める。バイト先の先輩たちに誘われ、年上の倉橋由美子(小倉優香)の家へ遊びに行くことに。いつしか部屋には由美子と若き日の増田(勧修寺保都)の2人きり。なぜか突然ベッドで背を向けて横になった由美子の体の曲線が山なみに重なって見えてきて…。果たして「やれた」のか、「やれたとは言えない」のか。委員会メンバーの検証が始まる。

■放送&配信情報
MBS:4月22日スタート、毎週日曜 深0:50〜
TBS:4月24日スタート、毎週火曜 深1:28〜

dTV:毎週水曜 深夜0:00〜
NETFLIX:毎週水曜 深夜0:00〜 </span>

Let's block ads! (Why?)

ドラマ出演者