BiSHが“透明感”“ピュア”を表現「キリンレモンのうた」MVフルver.が公開

BiSHが歌う“キリンレモンのうた”「透明なままでゆけ。」のミュージックビデオがフルバージョンで公開された。

【写真を見る】アユニ・Dの普段は見られないような表情も見られる?

発売90周年を迎えたロングセラーブランド「キリンレモン」では、リニューアル商品の発売に合わせ、佐久間由衣が出演する新CMを4月10日から全国で放送中。

CM公開時には、現代版になって帰ってきた“キリンレモンのうた”、そしてBiSHという国内外で注目を集めるアーティストとのコラボレーションということで注目を集めた。今回公開されたのは、楽曲を手掛けるBiSH自身が出演した、フルバージョンのミュージックビデオとなる。

新たな“キリンレモンのうた”は、コンセプトの「透明なままでゆけ。」を表現する「昔のピュアな気持ちを思い出し、未来に向かって歩みだす」、そんなメッセージが込められた楽曲に仕上がっている。

撮影は“幼いころの純粋な気持ち”を思い起こさせる小学校を舞台に行われた。衣装も本ムービーのために“透明”“ピュア”を表現するような爽やかなブルーのワンピースが制作され、普段はモダンテイストな衣装が印象的なBiSHメンバーの、透明感のあるナチュラルな、いつもとは少し違った一面を見ることができる。

「透明なままでゆけ。」というコンセプトにもあるように、それぞれが幼いころのピュアな気持ちを思い出しながら臨んだ、等身大の演技にも注目だ。

キリンビバレッジでは、「KIRIN LEMON Tribute」と題したキャンペーンを実施。さまざまなアーティストとのコラボレーションにより、それぞれの個性あるアレンジが加わった新しい“キリンレモンのうた”を楽しむことができる。BiSHの「透明なままでゆけ。」は第1弾となり、今後もバラエティー豊かなアーティストとのコラボレーションが展開される。

■ BiSH

BiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる“楽器を持たないパンクバンド”。

2015年3月に結成し、2016年5月には「DEADMAN」でメジャーデビュー。3月28日に発売したメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」では自身初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得した。

2017年7月に幕張メッセイベントホールで開催したワンマンライブのチケットが即日完売となって話題となり、2018年5月22日に開催の神奈川・横浜アリーナでのワンマンライブ「BiSH "TO THE END"」のチケットも即日完売した。

6月27日(水)には4thシングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」を発売する。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

透明感