ドラマ版『聖☆おにいさん』ピッコマの動画配信サービスで配信へ 山田孝之「電車で見てもらいたい」

 電子漫画サービス『ピッコマ』の初の事業発表会『ピッコマものがたり2018』が17日、都内で行われ、漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマが、今夏から提供される新サービス『ピッコマTV』で先行独占配信されることが発表された。配信時期については、後日アナウンスする。

【写真】コメントを寄せた松山ケンイチ、染谷将太

 ピッコマは、話題の漫画やオリジナル漫画が毎日無料で読める電子漫画サービス。新サービスとなる『ピッコマTV』は映画やドラマ、アニメなどが視聴できる動画配信サービスで、アプリ版を今夏に配信する。

 漫画『聖☆おにいさん』は、『モーニング・ツー』(講談社刊)で2006年から連載されているギャグ漫画。ブッダとイエス・キリストを主人公に、世紀末を無事越えた2人が東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら下界のバカンスを満喫しているというストーリー。累計発行部数1600万部を誇り、13年には森山未來、星野源が声優を務めるアニメーション映画が劇場公開された。

 実写ドラマでは、イエスを俳優の松山ケンイチ、ブッダを染谷将太が演じることが決まっており、製作総指揮を俳優の山田孝之、監督を『銀魂』『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの福田雄一氏が担当。発表会ではスペシャルインタビュー映像が公開されて、松山は「本番中は演技のプランや計算が無い状態でやっている」を暴露し「ブッダの耳たぶがプルプルして長くて気持ちよさそうだった」と会場を笑わせた。

 製作総指揮の山田は「1話1話が短くて見やすい作りなので、ちょっとした移動の間、僕としては電車で見てもらいたいなと。スリルがあって楽しいんじゃないかな」とアピールした。 </span>

Let's block ads! (Why?)

動画配信サービス