平野紫耀“神楽木家”ロケ地は実在の超豪邸!『花のち晴れ―』のゴージャスすぎる世界観

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(毎週火曜夜10:00-11:07TBS系)が17日(火)、スタートする。

【写真】超豪華な神楽木家…!晴の部屋にはボルダリングができる設備も!/(C)TBS

「花のち晴れ―」は、神尾葉子原作の同名漫画を杉咲花主演で実写ドラマ化した作品。同じく神尾作品である「花より男子」の面々の卒業から10年後の英徳学園を舞台に、セレブな高校生たちが繰り広げる痛快青春ラブコメディーだ。

原作とシリーズ前作“花男”の世界観を引き継ぐ「花のち晴れ」の見どころを、前作に続きプロデューサーを務める瀬戸口克陽氏に聞いた。

■ 原作に忠実なキャラクター設定

親の会社が倒産し貧乏になったことを隠しながら英徳学園に通うヒロイン・江戸川音(杉咲)を中心に、伝説の“F4”道明寺司に心酔する神楽木晴(かぐらぎハルト、平野紫耀)ら“C5”の面々、音の婚約者でライバル校の生徒会長・馳天馬(中川大志)らセレブ高校生たちの恋と友情を描く本作。

まず注目したいのが、原作の再現度の高さだ。

ドラマ「花より男子」シリーズ(2005年ほかTBS系)の新章となる本作。

瀬戸口Pが「神尾先生が描かれた“花男”“花晴れ”の世界のお金持ちの突き抜け感。そのセレブ感の中に心情のリアルがあるので、舞台設計をしっかりと作り上げました」と語る通り、原作の再現度の高さは外せない見どころだ。

事実、“花晴れ”キャスト陣のビジュアルが公開されると、その再現度の高さが話題になった。

瀬戸口Pは「杉咲さんが髪を30?切ったり、平野くんがパーマをかけて外ハネにしたり、原作の髪形やビジュアルを極力再現するようにしました。

武闘派の杉丸(中田圭祐)は空手を、一茶(鈴木仁)は華道が板につくように習っていますし、C5のブラックジャケットもみんなが憧れるものじゃないといけないので、質感や形もこだわって、オーダーメードで作りました」と、髪の毛の長さまでこだわったキャラ作りの一端を明かす。

ゴージャスな世界観を再現すべく、ロケ地などにも徹底的にこだわった。

瀬戸口Pによると、「神楽木家の豪邸は家の表が三重、玄関入ってすぐのロビーが和歌山、庭が静岡、ダイニングルームは大阪で撮っています。世界観を表現する勝負どころなので、2カ月くらいかけて決めました。

原作に出てくるキーアイテム“ローストビーフ”も大きさや作りを検証して用意しましたし、原作に出てくる白馬も呼んで、大事なシチュエーションを作り上げています」とのこと。

■ 松本潤出演、宇多田ヒカルも曲提供!

シリーズ前作「花より男子」ファンへのうれしいサプライズも。「花より男子」時代のキャラクターである道明寺家のメイド頭・タマ(佐々木すみ江)と秘書・西田(デビット伊東)が再び登場するという。

「原作にタマさんが出るので、西田と共に登場いただきました。“花男”のキャストの方もこの“花晴れ”の世界観に生きているっていうことをちゃんと表現したく、原作にのっとってさまざまな出演者が登場してもらえるように頑張っているので、期待していただければと思います!」と瀬戸口P。

その言葉を裏付けるように、「Flavor Of Life -Ballad Version-」で“花男”の世界を彩った宇多田ヒカルが“花晴れ”イメージソングも書き下ろしで提供すると発表された。

さらに、“花男”シリーズで“F4”のリーダー・道明寺司を演じた松本潤の出演も決定!平野演じる神楽木にとっての憧れであり、“C5”にとっても特別な存在である道明寺の登場は、ドラマの大きな起爆剤となるに違いない。

嬉しいサプライズが続々と到着する“花晴れ”が間もなくそのベールを脱ぐ!

■ 4月17日放送 第1話あらすじ

父の会社の倒産で令嬢から一転、極貧生活を送ることになった音は、ある約束のため貧乏であることを隠し、名門・英徳学園に通っていた。

しかし、伝説の“F4”道明寺司に憧れる“C5”のリーダー・晴が、学園の品位を保つべく“庶民狩り”を開始。

晴の存在におびえながら、音は“隠れ庶民”として学園生活を送るが、ある日、生活費を稼ぐためのアルバイト姿を晴に見られてしまう…。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

世界観