竹内結子、会場の雰囲気にツッコミ「私に無言で圧を加えようの会ですか?(笑)」<ミス・シャーロック/Miss Sherlock>

【竹内結子/モデルプレス=4月16日】女優の竹内結子が16日、都内で行われたHulu×HBO Asia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(4月27日より配信)のワールドプレミア完成披露試写会に、共演の貫地谷しほり、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、小澤征悦、斉藤由貴、伊藤蘭とともに登壇した。

竹内結子・貫地谷しほりら華やかドレスで集結

全世界の映画・ドラマ史上、もっとも多く映像化されているキャラクターであるシャーロック・ホームズとジョン・ワトソン(ギネスブック認定)。同作は、シャーロック不変の圧巻の謎解きはそのままに、この世界一有名な2人を“もし現代の東京にいたら…?しかも2人とも女性だったら…”という大胆不敵な新解釈で捉えた、まったく新しい連続ミステリードラマ。

世界19カ国同時放送されるというビッグプロジェクトで、主演で女性版シャーロックを演じた感想を聞かれた竹内は「撮影が終わっていて本当によかったです。今さらながらにプレッシャーを感じます。撮り終わっちゃったから知らないもんねって気持ちが半分ですけど」と吐露し、「公開が近くなるとどんどん自分の手から離れていくような気がして、見送る気持ちも半分、プラス世界同時放送という新しいドラマが生まれたなって気がしています」としみじみと語った。

また、豪華キャストに囲まれていることについては「この場所に立つことができて、皆さん本当にありがとうございました。おかげ様でどうにか撮影も終わりましたし、これからは待つのみとなりました。ありがたく思っております」と感謝し、期待感と緊張感が漂う会場の雰囲気に気付くと「怖い!これは私に無言で圧を加えようの会ですか?(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑った。

さらに、自身の役をどのように洞察していたか尋ねられると「自分の世界に入ってしまうと、誰も寄せ付けないくらいの早口でまくし立てるようなところとか、セリフのテンポとかは気を付けながらやっていました」といい、「“明るい人でなし”をテーマに演じていました」と打ち明けた。

◆竹内結子、貫地谷しほりと共演


一方、シャーロックの相棒・和都を演じた貫地谷、どのように演じようと思っていたか尋ねられると「最近見たシャーロックでいうとロバート・ダウニー・Jrさんで、ジュード・ロウさんがワトソンをやっていたのが印象的で、ジュード・ロウさんがすごくカッコよかったので、“ワトソン…めっちゃカッコいいじゃん!”ってドキドキして(台本を)読んだら、だいぶドジっ子だなみたいな(笑)。和都さん(わとさん)って名前も可愛くなっているくらいなので、今までのワトソンとは違う感じでした」と語り、「自分のキャラクターもすごく好きだし、シャーロックが住んでいるお部屋のセットが撮影の初日から感動して、すごく細かいディテールまでこだわっていて、いろんなこだわりがギュッと詰まっていて、この中でお芝居ができるのは本当に幸せだなと思いました」と吐露した。

イベントでは、変人度をチェックする心理テストも行われ、“あなたの部屋に変わった動物が迷い込んできました。しかも不思議なことにあなたに懐いています。その動物はどれですか?”という質問に、3択の中から“白のオオカミ”を選んだ竹内は「直感で白のオオカミって。オオカミがここ(足元)にいたら素敵じゃないですか?懐いてくれるのが1番嬉しいのが白のオオカミですね」と説明し、『大胆不敵な孤高の人、変人度60%』と診断されると「安心しました」と変人度100%を回避できたことを喜んだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)