『名探偵コナン』連載再開 公式安室透スピンオフ漫画も5月に登場

 昨年12月より休載されていた青山剛昌氏の人気ミステリー漫画『名探偵コナン』が、11日発売の『週刊少年サンデー』20号(小学館)より連載を再開。さらに同号で、青山氏完全監修の公式安室透スピンオフ漫画『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』の連載が5月9日発売の『週刊少年サンデー』24号よりスタートすることが発表された。本編では明かされない、安室の謎だらけの日常を『ダレンシャン』『天翔のクアドラブル』の新井隆広氏が描く。

【誌面より】新井隆広氏が描いた安室透『ゼロの日常』

 「青山剛昌先生に憧れてサンデーの門をたたきました」という新井氏は「長年こじらせてきたコナン愛…そして青山先生愛をこのスピンオフに全力でぶつけます!!」とコメントを寄せている。

 20号では、劇場版最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』(13日公開)に合わせて、コナン企画が盛りだくさん。『ゼロの執行人』で大活躍する安室が表紙を飾り、本編は安室と赤井秀一の対決から始まる新シリーズ。さらに、表紙イラストを使用した「コナン&降谷零 極秘任務カード」の付録も。裏面には、青山氏からのメッセージを記載。ほかにも、映画公開記念の応募者全員サービスで、「ちぢませ隊 喫茶ポアロペアセット」の募集も開始となる。

 また、20号では、超本格バスケットボール漫画『switch』が巻頭カラーで連載を開始。2 回にわたりテレビアニメ化された駄菓子コメディー『だがしかし』が最終回を迎えるなど、『名探偵コナン』以外も読み応えのある内容となっている。 </span>

Let's block ads! (Why?)

連載再開