杉咲花主演「花のち晴れ」に、あの“花男”キャラ2人が登場!

TBS系で4月17日(火)から、杉咲花主演ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(毎週火曜夜10:00-11:07)がスタートする。

【写真を見る】デビット伊東の出演も決定し、「また熱い日々が始まる期待でいっぱいです」と喜びをあらわに/(C)TBS

神尾葉子が手掛ける累計発行部数6100万部突破の大ヒットコミック「花より男子」の新章となる「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(集英社「少年ジャンプ+」連載中)が原作。杉咲主演、さらに平野紫耀、中川大志というフレッシュなキャストで実写化される。

「花より男子」通称“花男”での牧野つくしと道明寺司率いるF4が繰り広げた“ド貧乏女子高校生とスーパーセレブのシンデレララブストーリー”は、日本中に“花男”旋風を巻き起こした。そして映画版でシリーズの幕を閉じてから10年の時を経た今、もう1つの新たな“花男”が始まる。

F4が卒業してから10年後、落ち目になった英徳学園を舞台に、人に言えない“秘密”を抱えた新世代のキャラクターたちが巻き起こす、「自分らしく生きる」ことがテーマの痛快青春ラブストーリーを描く。

今回、“花男”で主人公たちの恋を応援し見守り続けた、道明寺家のメイド頭・タマと秘書・西田が登場することが決定。“花男”同様、佐々木すみ江とデビット伊東がキャスティングされた。

佐々木が演じる、道明寺の家に仕えるタマは、「花より男子2(リターンズ)」(2007年)、映画「花より男子ファイナル」(2008年)に登場する。主人公の牧野つくしと道明寺司の恋を応援する重要な役割だったタマ。今作でも音(杉咲花)や晴(平野紫耀)にどんな言葉を掛けるのか注目される。

伊東演じる道明寺財閥の秘書・西田は、「花より男子」(2005年)、「花より男子2(リターンズ)」、映画「花より男子ファイナル」とシリーズ全作品に顔を見せるキャラクター。新たな恋の物語となる「花晴れ―」でも、存在感を発揮してくれるに違いない。

懐かしの面々の登場で、ドラマがどのように彩られていくのか期待が高まる。

■ 佐々木すみ江コメント

皆さま。お元気ですか。さて、この4月から「花より男子」の新章「花のち晴れ」が始まります。私もね、前と同じ “道明寺家のメイド頭・タマ”の役で出演することになりました。

「花より男子」は、ついこの間のように思っていたのですが、もう十年もたっているのですね。私もね、十年の間に、少しヒザが痛くなったりして、あぁ、やっぱり年を取ったんだなぁと感じていますが、大好きなこの「タマさん」をまた演じることができて、本当にうれしく思っています。イギリススタイルのすてきな館で、撮影をします。皆さま、ぜひご覧になってくださいね。

■ デビット伊東コメント

拝啓「花のち晴れ」の皆さまへ。

前作「花より男子」は全員が輝ける場所であり心に残る作品です。相変わらず西田は…道明寺家の秘書として世界を飛び回っています。皆さんが困った時、いつでも出動できる準備をプライベートジェットの中でお茶を飲みながらお待ちしております。また熱い日々が始まる期待でいっぱいです。

敬具 西田より。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

キャラ2人