佐藤健、木梨憲武の炊き出しに口つけず…その理由は?

とんねるずの木梨憲武と俳優の佐藤健が29日、都内で行われた映画『いぬやしき』(4月20日公開)の完成披露試写会に出席。木梨は撮影を振り返る中で、撮影中の佐藤のストイックな一面を明かして会場を沸かせた。

定年を間近に控えた冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨)が、あるきっかけから超人な能力を得て活躍する様を描く本作。壇上には共演者の本郷奏多、三吉彩花、メガホンをとった佐藤信介監督も登壇した。

主演を務めた木梨は、撮影でCGが多用され、グリーンバックでの演技が多かったことを回顧。「CG男優デビューでした(笑)」と嬉しそうな表情を見せると、「待ち時間がとにかく多い撮影だった」とも振り返り、現場では自ら炊き出しを行い、焼き鳥や餅、カレーなどを共演者らに振る舞っていたことを告白した。

だが、佐藤は木梨の炊き出しにほとんど口をつけなかったといい、「鳥だけ食べられました」とため息。実は、佐藤が炊き出しに口をつけなかったのは自身のストイックな役者としての一面が関係していたといい、木梨は「毎日カロリーとか自分で計算していてお弁当も食べなかった」と、体重管理に気を遣う佐藤の姿を紹介。「鳥だけは食べてくれた」と話すと、佐藤は「おもちも食べたかった〜」と、残念そうな表情を見せた。

もっと残念そうな顔をしていたのは本郷で、CG撮影やスタジオ撮影がほとんどなかったため、木梨が炊き出しを行う現場に立ち会えなかったとのこと。「食べたかったな」と佐藤に続いて残念がると、木梨は「今度、初日舞台あいさつの時にまたやろう」とにっこり。本郷は感激し、「楽しみです!」と喜んだ。

また木梨は、作品の出来栄えにも満足げ。「役と実年齢がほとんど変わらない。特殊メイクをしているのに実際の顔と変わらない。じじいでよかった(笑)」とコメント。「じじいでなければ選ばれなかった。こういう役をやらせてもらえて楽しかった」と充実感を明かしていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

炊き出し