本郷奏多にハプニング 木梨憲武・佐藤健が心配<いぬやしき>

【本郷奏多/モデルプレス=3月29日】俳優の本郷奏多が29日、都内で開催された映画『いぬやしき』(4月20日公開)完成披露試写会に、主演の木梨憲武(とんねるず)をはじめ、佐藤健、三吉彩花、佐藤信介監督とともに出席した。

【さらに写真を見る】木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、三吉彩花ら豪華集結 映画「いぬやしき」完成披露試写会の模様

『GANTZ』で知られる奥浩哉氏の同名人気漫画を佐藤監督が実写化した本作。定年を間近に控えた冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨)と、高校生・獅子神皓(佐藤)が謎の事故に巻き込まれて人間を遥かに超越する力を手に入れ、人類存亡をかけて“ジジイ VS 高校生”の戦いを繰り広げる物語。

獅子神を止めようと奔走する高校生・安堂直行役を演じた本郷は、イベント冒頭の挨拶で「出来上がった作品、めっちゃくちゃ面白いので、みなさん今日は楽しみにしていてください」と元気よくアピールして拍手を浴びるも、直後にマイクを落としてしまうハプニング。ドンと大きな音が響くと、木梨は「どうした?」と詰め寄り、佐藤も「握力ギリギリなの?」と心配して笑いを起こしていた。

「この春から新しく生まれ変わるならどんなことをしたい?」という話題では、普段インドア生活を送っているという本郷に木梨が「アウトドアをしたいとか思わないの?」と質問するも、「思わないです」とキッパリ。本郷が「人と触れ合わない…」と続けると、佐藤からも「全然日光浴びてない肌の色してるよね」と心配され、「もう少し、徐々に社会に適合していける年にしたい」と宣言していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)

佐藤健